国民栄誉賞「辞退」MLB大谷翔平と「23歳で受賞」フィギュア羽生結弦、「東北の星」2人の「差と共通点」

拡大画像を見る

 大リーグ・ロサンゼルス・エンゼルスで投打二刀流の活躍を見せ、MVPを獲得した大谷翔平(27)。日本政府からも国民栄誉賞を打診されていたものの、辞退していたことが報じられたが、11月25日には、故郷の岩手県が打診した県民栄誉賞も辞退していたことが明らかとなった。

 達増拓也岩手県知事は「さらなる高みを目指す覚悟からだと思います。将来を大いに期待したいと思います」と、定例会議で理解を示し、激励のコメントを送った。

「国民栄誉賞については“まだ早いので今回は辞退させていただきたい”としていた大谷選手でしたが、故郷の県民栄誉賞も辞退とは、本当に謙虚ですね。ロスの地元紙でエンゼルス番を務めるジェフ・フレッチャー記者も国民栄誉賞を辞退した旨をアメリカ人に向けてツイートしていて、やはり現地ファンも《謙虚》《ハングリー精神がある》と改めて“オオタニサン”に惚れ直しています」(スポーツ紙記者)

 大谷と同じく「東北出身」の「スポーツ選手」で、かつ「国民栄誉賞」といえば、フィギュアスケート選手で宮城県出身の羽生結弦選手(26)が思い出される。

「羽生の場合、2018年、14年のソチ五輪に続いて18年の平昌五輪と連覇を達成した直後、当時23歳で国民栄誉賞最年少受賞者に輝きました。大谷選手に負けず劣らず、羽生のこの活躍も、衝撃的でしたよね。大谷は“マンガの設定だったらご都合主義すぎてボツにしてるレベル”、羽生は“惑星ハニューの住人”と、それぞれ現実離れした活躍ぶりが“フィクションの敗北”と評されている共通点もありますね。

 本当に甲乙つけがたい東北出身の二大ヒーローです。しいて言うなら、イヤらしい話ですが稼げるお金の面では、大谷に軍配が上がるかもしれません」(前同)

■大谷選手は「一人のスポーツ選手がもたらす経済効果としては空前絶後の金額」

 大谷の年俸は今季300万ドル(約3億4200万円)と、メジャーリーガーとしては格安だが、それ以外の収入がケタ違いだ。多ジャンルの11社の企業とスポンサー契約を結んでおり、今年7月に米経済誌『フォーブス』が発表したスポンサー収入ランキングによれば、野球以外の稼ぎは600万ドル(約6億8500万円)。これは現在のメジャー最高額だという。ちなみに、過去の日本人選手の最高額は2012年にイチロー(48)が総額700万ドル(約7億7000万円)を記録している。

 しかも、11月19日の『日刊スポーツ』によると、関西大学の宮本勝浩名誉教授の計算した大谷のMVP獲得による今後1年間の経済効果は、日米合わせて約251億9247万円で、「一人のスポーツ選手がもたらす経済効果としては空前絶後の金額」だという。

「11月15日に東京都内で行われた会見で、大谷本人が語っていたところによれば“ロサンゼルスは税金が高いので、半分ちょっとくらいは納めないといけない”としつつも、お金を使う機会がないタイプらしく、今のところは貯まっていく一方だとか。

 これに比べると、羽生の方が収入は少ない印象を受けます。もちろん、あくまで大谷と比較した場合の話ですけどね」(専門誌記者)

 15年の『女性自身』(光文社)によると、羽生のANAとの契約金は5000万円ほどだという。当時の年収は、他のCM契約やNHK杯の優勝金額、アイスショーの出演料なども込みで2億円前後と報じられていた。現在は、もっと増えていると思われる。

■羽生選手は地元への寄付が桁違い

「羽生選手の場合、正確な金額は不明ですが地元への寄付活動にも精力的で、今年3月10日に約210万円、これまで累計3140万円以上を『アイスリンク仙台』に寄付していると、アイスリンク仙台の公式サイトにて明かしています。

 これに限らず18年も”羽生結弦選手(ANA)側と寄付先について相談し、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城、岩手、福島の3県に各1000万円を送るほか、残りは日本赤十字社を通じて、北海道地震や西日本豪雨、熊本地震などの被災地に届ける”と『読売新聞』が報じたり、地元への精力的な貢献を行っていますね」(前出の専門誌記者)

 羽生が国民栄誉賞を受賞した理由についても「ここまで切り開いてくださった方々がたくさんいる中で、代表として僕が頂いた」とコメントしていたことから、東日本大震災で苦労してきた中で、多くの人に支えられてきたという意識や、被災者を勇気づけたい気持ちの表れではないか、と言われている。

「オリンピックの栄誉や、昨年に読売新聞が行った『羽生結弦展』のような活動で収益を得て、それを故郷・仙台に還元している印象を受けます。大谷も羽生もどちらも、東北の星であることは間違いない。オフをトレーニングしつつもゆっくりと過ごすだろう大谷と比べて、羽生についてはケガの回復が心配されています」(前同)

 羽生選手は、グランプリ(GP)シリーズの第4戦NHK杯を右足関節靱帯損傷で欠場したが、このケガの回復が遅れたため11月26~28日の第6戦も欠場すると発表されている。

 羽生選手と大谷選手にはこれからも、東北に希望を与える存在であってほしいーー。

関連リンク

  • 11/27 11:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます