手取り18.3万円、20代男性の悲哀 「車のローンが支払えず給料日まで待ってもらうなどしてやりくりしています」

拡大画像を見る

若いうちは給料が低くても、そのうち上がると思えれば希望がある。ただ、そういった望みが薄いと感じながら日々を過ごしている20代もいる。キャリコネニュースで「手取り20万円以下」をテーマにアンケートを実施。20代の男性から、こんな回答が寄せられた。(文:okei)

※キャリコネニュースでは手取り20万円以下の方にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「冬になるにつれてガス代が上がってくので生きていけるか毎年不安」


北海道の20代後半男性(サービス系/正社員/未婚)の手取りは18万3000円。年収およそ250万円だ。毎月のお金の苦労についてこう明かす。

「車のローン等の支払いが遅れて、支払いできてませんよって連絡が来たりしてるけど現金がなくて支払えず給料日まで待ってもらうなどして何とかやりくりしてます。有料駐車場等はお金が足りるか心配で停められなかったり、心身ともに疲れることが多いです」

督促が来るほど支払いに行き詰まるなら、返済計画に無理があったとも言えそうだ。しかし、地方ではどうしても車が必要なのだろう。

「これから冬になるにつれてガス代が上がってくので生きていけるか毎年不安に思うことも多々あります。実家暮しだとお金の心配はないですが職場まで40~50分かかるのでそれはそれで苦しいのです」

と胸中を吐露。男性は「将来結婚するにしても子どもは無理かなと思っております」と寂しげに綴っていた。

関連リンク

  • 11/27 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 車種が書いてないから月々の支払額が判らないけど燃料費の高騰は田舎じゃマジで死活問題

記事の無断転載を禁じます