マリエ、10年以上苦しんだ摂食障害の日々明かす「怖くて焼売の皮もはいで食べていた」

拡大画像を見る

 モデルのマリエ(34)が26日までにインスタグラムを更新。10年以上苦しんでいた摂食障害を乗り越え、おにぎりが食べれるようになったと報告した。

 この日、マリエはキュートなそばかすやチークがポイントのメイクで、おにぎりをおいしそうに食べているショットを公開。その上で「身体集中改善メンテ中!どの日本の医者様にも治らないと言われた10年を超える戦いだった摂食障害を乗り越えて。やっとおにぎりが食べれるようになった」と摂食障害を克服しつつあると報告した。

 さらに「前は怖くて焼売の皮もはいで食べていた私。いつのまにか身体は代謝をあげないようなシステムに切り替えられ、極端に摂食しないバランスのわるすぎる生活からダイエットのために怖くて食べれない 炭水化物が食べないことで代謝も上がらなくなり、燃焼しない身体になっていた」と摂食障害に悩まされていた時期について赤裸々に明かし、「今は少しずつ美味しい美味しいおにぎりをうまー!って感動しながら毎日食べてる」「こんな毎日がやってくるなんて想像もしていなかった。毎日に感謝」と食べられる喜びを噛み締めているようであった。

 マリエの摂食障害にまつわる告白に、ファンからは「マリエさんの投稿を見て凄く心動かされました」「これから美味しいものたくさん食べていってください」「美味しそうに食べるマリエさんとても素敵です」「美味しそうなお顔が可愛いねー」と好意的な反応が続出。

 さらに、「私も今、摂食障害と3年の付き合いでどう戦ったらいいか分からないですが マリエさんのように治ると信じて向き合います」「私も摂食障害経験者です おにぎり食べれて良かった どんどん増えてきてるから、あなたの発信を見て少しでも同じ苦しみの沼にはまる人が減りますように」「私も摂食障害克服したいです。マリエさんのおにぎりを幸せそうに食べる姿見て私も頑張ろうと思いました!」と摂食障害の経験者や当事者からのコメントも寄せられている。

 マリエはその後、ストーリーズを更新。「本当に沢山のメッセージをありがとうございます」と摂食障害を告白した投稿にメッセージを送ってくれたファンに感謝し、「私も治らないと思って随分苦しんだ。デモ絶対あきらめなかった。それはみんながいてくれたからです。克服したから数年、今ははっきり言える。心からありがとうと、次はみんなの番です。諦めないで!」「大丈夫。絶対大丈夫 過去はデザインできない 未来をデザインしていこう!」(原文ママ)とつづっている。

■【画像】マリエ、9月にはヒモ水着でメリハリボディを披露していた

 9月にはヒモ水着姿でメリハリのある美ボディを披露していたマリエ。健康的な生活を送っていたと思われていただけに、今回の告白は多くのファンを驚かせたようだ。

※画像はマリエのインスタグラムアカウント『@pascalmariedesmarais_pmd』より

関連リンク

  • 11/26 16:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます