TBS『櫻井・有吉 THE夜会』で見えた“アンジャッシュの解散”!「渡部建LOVE」の有吉弘行と「ゲス不倫を利用」の児嶋一哉の“裏切りリアル”!!

拡大画像を見る

 11月25日に放送された嵐の櫻井翔(39)と有吉弘行(47)の番組『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に、おぎやはぎの小木博明(50)とアンジャッシュの児嶋一哉(49)が出演した。

 番組序盤、同世代の有吉、小木、児嶋を中心に現在の児嶋の芸風がどのように確立されていったかという話題が展開された。周囲にイジられたことで児嶋のイジられキャラが確立されていったとの話が出たのだが、ここで有吉が「それで相方が亡くなって」「あれが転機だったよね?」とボケて、これに小木が「あれはラッキーだったね」と追従した。

「有吉のボケから、児嶋の相方・渡部建(49)を絡めた“児嶋イジり”がスタート。有吉が“何もしてないのに(児嶋の)好感度上がって”“あれは渡部さんに感謝だよ”と語りました。

 小木も、“アンジャッシュとしてやってこれたのは、渡部さんがいたからでしょ”と話し、児嶋が“それはお互い様だからね”と返したものの、小木は“そのとき児嶋さん何もしてない”と一蹴する場面もありました」(テレビ誌ライター)

 児嶋は、2020年6月の『週刊文春』(文藝春秋)で渡部の“多目的トイレ不倫”が報じられた直後、ラジオ番組『GOLD RUSH』(J−WAVE)に渡部の代役として出演。そこで児嶋は、「本当にバカで、大バカ。仕事もうまくいきプライベートも順風満帆。天狗だった。勘違いしてた。人の痛みとか、思いやり優しさがないんですよ。だからこうなった」と涙ながらに渡部に苦言を呈した。

「有吉は、『GOLD RUSH』での児嶋のコメントを持ち出し、“何にもしてないのに、あういうことになったら説教しちゃったりさ。急に”“俺はゾッとしたよ。『人として何かが足りなかったんじゃのか』みたいな。はぁ?”とイジっていましたね」(前同)

■「お前だけだよ、いまだにテレビで渡部をイジってるのは」

 有吉と小木の“渡部イジり”が一段落すると、児嶋は「お前だけだよ、テレビでいまだに渡部をイジってるのは」と有吉に反撃。

「有吉は6月18日放送の『マツコ&有吉かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、“渡部さんって刑務所入ってるの? ずいぶん見ねえけど。何どうしたの? 出てこないけど”と話し、7月9日放送の同番組でも“渡部さんのことを言うとすぐネット記事になんのよ。で『渡部のことを思っている、有吉』とかさ。じゃあ、お前ら復活させてやれよって。お前らが復活しようとしたらイジワルしてるくせに”と再び渡部の名前を出しました。

 10月7日に放送された『有吉の世界同時中継~今、そっちってどうなってますか?~』(テレビ東京系)のレギュラー初回放送でも、フランス・パリのリポーターがワインを紹介した際、“渡部さんのおすすめのビオワインあるかな?”とコメントしていました。

 たしかに、有吉がテレビ番組で渡部の名前を出す頻度は、他の芸能人に比べ圧倒的に多いと言えます。児嶋の指摘に小木は“愛だよ、それは”とし、有吉も“俺のほうが優しいと思うだろ、渡部さんに関しては”と話していましたが、幾度となく渡部をイジるのは有吉なりの優しさであり、愛なのでしょう」(前出のテレビ誌ライター)

■有吉、小木の反撃に児嶋は大困惑

 さらに有吉は、「何にもしないんだから。ひどいよ!」と児嶋を指さして話すと、続けて小木が「ひどいよね。不祥事起こしてきた相方ってみんな頑張って出すんだ名前を」と児嶋を責めた。

「児嶋は渡部の名前を出すことに“全然いいですよ。こういうところで名前出しても”と反論したものの、困惑している感じがありました。この様子を見て小木は“戻る気ないじゃん、アンジャッシュ”と児嶋に問いかけたのですが、児嶋は“えっ!?”と動揺し、答えを言わないまま“何だこの話!?”と言って話題を逸してしまったんです」(前出のテレビ誌ライター)

 児嶋は、2020年12月放送の中居正広(49)の番組『中居正広の金スマ クリスマススペシャル』(TBS系)で、コンビ復活の可能性について「本当に何も決まってない」「僕の思いどうこうではない。僕だけの問題ではない」と話していた。

「児嶋さんは、渡部さんの不倫が発覚して以降、多くのバラエティ番組へのゲスト出演のほか、ドラマ『半沢直樹』(TBS系)にも出演するなど、多方面で大活躍をしています。渡部さんのスキャンダルを利用した、は言いすぎでしょうが、やはり好感度、人気が上がったのは事実で、渡部さんの不倫騒動の後に良い波が来ているのは間違いなさそうです。

 バラエティ、そして俳優業とピンで十分にやっていけるだけの人気、実力がある児嶋さんですが、今回の『夜会』では小木さんから“アンジャッシュ復活”の可能性をツッコまれて、言葉を濁していたわけです。

 渡部さんは、多目的トイレでの不倫、それも女性を物のように扱っていたと報じられ、あまりにも酷すぎる行為のため、地上波テレビへの復帰は永久に無理、と言うテレビ関係者も多い。そんな中、今ひとりで多忙な日々を送る児嶋さんは、アンジャッシュ復活は現実的なものではないとして、半ば諦めているところがあるのかもしれません。

 また、渡部さんにも飲食店経営に進出するなど、さまざまな転身説も出ています。いよいよ“アンジャッシュの解散”が現実味を帯びてきたといえるのかもしれませんね」(ワイドショー関係者)

 渡部の不祥事を機に、芸能人としてステップアップした感もある児嶋。もう、アンジャッシュの復活を望んではいない!?

関連リンク

  • 11/26 11:59
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます