キンプリ永瀬廉、2年前の「ロサンゼルス空港5~6時間拘束事件」&「お漏らし危機」を初告白!解放の瞬間、メンバーは?

拡大画像を見る

 King&Prince(キンプリ)の永瀬廉(22)が11月25日放送のラジオ番組『King&Prince 永瀬廉のRadioGARDEN』(文化放送)で、2年前のアメリカ・ロサンゼルスでの“トラウマ”について語り、ファンを中心に話題を呼んでいる。

 永瀬は10月発売のファッション誌『non-no』(集英社)の連載で「2年前にロスにキンプリが行ったときに入国審査で引っ掛かり、自分だけ5~6時間出てくることができなかった」と言及。

 これを受け、番組には多くのリスナーから「よくこんなエピソードを2年も誰も話さなかったと思い、よければ詳しく教えてもらえませんでしょうか」といったメッセージが寄せられたという。そこで永瀬は今回、その“拘束事件”の詳細を語ったのだ。

 永瀬はロスの空港に着いて寝起きの状態で入国審査を受けたといい、滞在期間や職業などの質問には答えられたというが、「そこから全然意味わからんこと言ってきて。練習にはない、アドリブかましてきたんですよ、入国審査の方が。“習ってない習ってない”と思いながら」と当時を振り返った。

 しかし、寝起きで頭が回っておらず「“えっ?”ってずっと眉をひそめてたら……俺もよくなかったのよ、態度というか。俺も反省なんやけど、見かねた審査してくれる人が“Hey! Come on!”って言われて、“俺なんか捕まるん?”みたいな」と別の部屋に通されたという。

 1~2時間の辛抱だろうと部屋で待っていると「俺より後に入ってきた“後輩”が先に名前呼ばれて、その部屋から卒業しているんですよ、どんどん。“俺先輩やねんけどなぁ”って思って。この部屋に関しては俺のほうが先輩やのになって思いながら、後輩を見送るってことをだいぶしてて。気づいたら5~6時間経ってたんですよ」と5~6時間も待たされたと告白。

■ロス空港で「漏らすしかなかったと思う」

 さらに「そのときよかったなって思ったのは」と切り出し、「お手洗したくならんでよかったなって思って。伝えられへんし、行っている人も見受けられんかったから。お手洗いしたかったら漏らすしかなかったと思う、俺の選択肢。そんぐらいピリッとしてる、あの空間って」と、当時トイレに行きたくなっていたら漏らしていたと赤裸々にコメント。

 ようやく名前を呼ばれ、面談を受けると入国の目的と滞在日数を聞かれただけで解放されたといい、2~3分のために5~6時間も待たされたというから驚きだ。

 永瀬は「内心めちゃめちゃイライラしてて。で、それがたぶん(2ndアルバム『L&』の特典DVDの)映像に使われてたのかな? あのときだからめちゃめちゃ不機嫌でした」とあらためて当時の心境を吐露。

 しかし、入国審査については「人と人やから、その人の立場になったら、態度が悪い奴ちょっと不安やし。聞きたくなるよねって気持ちもわかったから、今回に関しては俺が悪かったね」と反省した様子。

 5~6時間待たせたメンバーとスタッフに対しては「それも申し訳ないなと思って。みんな怒ってるかなって、行ったとき顔見たらめちゃめちゃ笑ってんの(笑)。“よかったぁ”と思って」と笑顔で迎えられて安心したという。

 ただ、「ちょっとトラウマなのよね、入国審査が。海外というものが軽く。携帯触れないのが一番つらかったかも」と、この入国審査で海外がトラウマになっているとも語った。

■「笑って待っていてくれる素敵なメンバー」

 永瀬の告白にファンからは「入国審査大変だったんだね 笑って待っていてくれる素敵なメンバーだ」「入国審査の話おもしろかった! みんなも待たせちゃったから怒ってるかと思ったらめちゃくちゃ笑顔で……って。あの映像の笑顔の廉くんは“よかった〜〜会えた〜〜”の笑顔だったんだね」といったコメントが寄せられている。

「永瀬さんの不機嫌な表情はキンプリの2ndアルバムの特典映像で楽しめるはずです(笑)。ただ、当時はたまたまトイレに行きたくならなかったようですが、もし行きたくなっていたら漏らすしかないような状況だったということ。そうなっていたらさらに根深いトラウマになっていたでしょうね。

 一方で、キンプリのメンバーは5~6時間も待たされたのに笑顔で永瀬さんを迎えてくれたということですよね。メンバー全員の性格の良さが伺える話ですし、グループの一体感が伝わってきますよね」(女性誌ライター)

 海外でのトラウマを乗り越え、キンプリは世界的に活躍するグループに成長する!?

関連リンク

  • 11/26 11:31
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます