AKB48・向井地美音 プロダンサーたちの圧巻ステージに刺激「心を一つにすれば」

拡大画像を見る

 AKB48の向井地美音(23)が25日、東京ガーデンシアターで、世界初のプロダンスリーグ「D.LEAGUE21-22」ラウンド2のゲストジャッジを務めた。

 2シーズン目の開幕戦となった前ラウンドでは、同ポイントで並んだ「セガサミー ルクス」、「カドカワ ドリームズ」が勝利するという、波乱の幕開けに。

 国民的アイドルグループ・AKB48を総監督として率いる向井地は、前ラウンド覇者「セガサミー-」が世界レベルのダンスで作り出す独特の世界観に「ほんとに引き込まれました」と心酔した様子。「のめり込める感じ、音楽に合わせたパフォーマンスが心に響きました」と絶賛した。

 AKB48史上屈指のダンスナンバーと呼び声高い最新曲「根も葉もRumor」では、同リーグに所属する「サイバーエージェント レジット」とコラボし、キレのあるロックダンスを披露。プロダンサーたちの激闘を見届け「みんなで力を合わせて心を一つにすれば、こんなにステキなパフォーマンスができるんだなということを改めて学ばせていただきました」と刺激を受けていた。

 ラウンド2は、「セガサミー-」が圧勝し、前ラウンドに続き連勝を飾った。

関連リンク

  • 11/25 22:10
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます