江口のりこ、赤楚衛二、町田啓太『SUPER RICH』打ち切りの可能性? 豪華キャストも「不可解シーン連発」で「宝の持ち腐れ」崩壊状態

拡大画像を見る

 江口のりこ(41)主演のドラマ『SUPER RICH』(フジテレビ系)の第6話が11月18日に放送され、違法賭博など不可解なシーンが続出。多くの視聴者をザワつかせたうえ、平均世帯視聴率は6.3%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と苦戦している。

 同ドラマは、電子書籍のベンチャー企業「スリースターブックス」の女性社長・氷河衛(江口のりこ)、彼女に思いを寄せている貧乏専門学生のインターン・春野優(赤楚衛二/27)、人事責任者・宮村空(町田啓太/31)らの、仕事に恋に予測不能かつスリリングな物語が展開するオリジナルドラマ。

 第6話では、酔い潰れた碇(古田新太/55)を連れ帰った優(赤楚衛二)が、空が衛を抱きしてている現場に遭遇。問いただそうとする優と空が言い争いになり、衛が仲裁すると、優は実家のために空から金を借りたことを明かし、借金返済のために夜間のアルバイトを始める。

 一方、「スリースターブックス」は「三日月モバイル」への提携企画を再提出することに。しかし、専務の大河一郎(田山涼成/70)に牛耳られている「三日月モバイル」は、彼の息のかかった社員ばかり。そんな中、アルバイトで闇カジノへ配達に行った優は、そこに大河が出入りすることを知って……という展開。

 このあと、優は衛と違法カジノに乗り込み、大河に「やったら何でも言うこと聞いてくれますか?」と、負けたら衛に謝ることを条件に、自身の体を賭ける大バクチを持ち掛ける。しかし、次のシーンは翌朝の会社の台所で、大河は賭けに負け、衛に土下座して謝罪したことは、優と衛の会話で説明されるだけだった。

■ツッコミどころが多すぎて

 見せ場になるはずの賭けと謝罪がないのは不可解なうえ、そもそも、違法なはずの裏カジノがデリバリーを頼むことも疑問だ。さらに、老人ホームで亡くなった祖母の葬儀を、衛が一人だけで済ませようとしたとき、優が突然現れるのだが、そのタイミングの良さも貧乏な優が喪服を持っていることにも違和感があった。

 視聴者もツイッター上で「いやいや、違法賭博はなにがあろうとダメやろ……こういう場合は通報しようね」「話は面白いんだけど、葬式のくだりとか違法カジノのくだりとか、無理がある」「カジノに勝つシーンと謝らせるところ全カットだし、衛が優を好きになる描写が中途半端だし、脚本が雑なのよね」など、不満の声を寄せていた。

 同ドラマは、エピソードを詰めすぎているため、当初から具体的な描写を省略し、リズムを作る手法が取られていたが、描くべきシーンが描かれていないと感じることがあまりに多い。

 ひょっとすると、視聴率低迷のため打ち切りが決まり、エピソードを省略して話を進めているのではないだろうか? 前回から描かれている、マーケティング責任の鮫島(菅野莉央/28)の妊娠を匂わせるシーンも、唐突な描写で説明不足だし、今のところ伏線にもなっていない状態だ。

 一部報道によると、同ドラマの主人公・衛役は、当初、安藤サクラ(35)に内定していたが、結局、出演には至らず、江口に白羽の矢が立ったと言われている。そんな、江口が主役不在の危機を救ったという経緯があるとしたら、途中での打ち切りはないと思うのだが、はたして真相は?(ドラマライター/ヤマカワ)

■撮影の合間も楽しそうな赤楚衛二

 収録自体は楽しそうなのだが、肝心の視聴率が……。

※動画はフジテレビ『SUPER RICH』番組公式ツイッターアカウント「@super_rich_cx」より

関連リンク

  • 11/25 19:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます