イケアが貸し出す、2年住める家賃99円の部屋 立地とインテリアに「一生住める」「神物件」

拡大画像を見る

スウェーデン発の、家具やインテリア雑貨の量販店『IKEA(以下、イケア)』。

シンプルなデザインとお手頃な価格で、日本にも出店し人気を博しているお店です。

2021年11月24日、日本法人のイケア・ジャパン株式会社は、『Tiny Homes 小さな部屋に、アイデア広がる』と題したキャンペーンを発表。

内容はなんと、家賃99円で、イケアの家具がコーディネートされた部屋に住めるというもの!

部屋は、東京都新宿区内にあり、ロフト付きで広さは10平米ほど。

小さめな部屋ですが、限られたスペースでも居心地がよくなるよう、工夫されているとか。

イケア特設サイトには、部屋の雰囲気が分かる写真が公開されています。

白を基調とした部屋には、伸縮できるテーブルやソファベッドといった家具に、ワゴンなどの収納グッズがそろっています。

おしゃれな雰囲気を崩すことなく、快適に過ごせそうですね!

家賃99円で、都心の一等地に住めるという破格の条件に、多くの反響が上がっています。

・家具付きなのか…。一生住める。

・神物件すぎる。新宿で家賃99円はすごいな。

・秘密基地みたいで、楽しそう。

ただし、この部屋に住めるのは1人だけ。

同年11月24日から12月3日までの間に申し込みを行い、入居可能期間は同年12月15日から2023年1月15日までのおよそ2年間です。

また、申し込むには、イケアのメンバーシップクラブである『IKEA Familyメンバー』への登録が必要。

申し込みに外れたとしても、部屋のコーディネートを参考にして自分の部屋づくりに活かしたいところです!

[文・構成/grape編集部]

出典 「Tiny Homes」 小さい部屋に、アイデア広がる。

関連リンク

  • 11/25 15:40
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます