ヤマダデンキ、布団レスWヒーター搭載の大型昇降テーブル

拡大画像を見る

 ヤマダホールディングスは11月上旬に、2021・22年度のこたつ新商品として、「Wヒーター付昇降テーブル」(YKSDG120J1T)と「ヒーター付昇降テーブル」(YKSDG70J1T)の2機種を、全国のヤマダデンキ店頭(一部を除く)と、オンラインショップのヤマダウェブコムで発売している。

 Wヒーター付昇降テーブルは、足元までしっかり暖める布団レスWヒーターを搭載した、好みの高さに調整可能な大型テーブル。
 高さは、設置場所に合わせて56~75cmの範囲で調整でき、広々と使えるセンターレッグ型を採用した。遠赤外線で足元まで暖かいカーボンヒーターを使用し、ACコンセントやUSB端子を使用可能な「スマートタップ」を備えている。
 サイズは幅120×高さ56~75×奥行き80cmで、価格は8万2280円。
 ヒーター付昇降テーブルは、膝や足元を暖められるパネルヒーターを搭載した昇降テーブル。
 レバー操作によって、高さを65~95cmの範囲で調整できる。自動オフタイマーを備えたパネルヒーターは取り外しが可能で、ACコンセントやUSB端子を使える「スマートタップ」や、キャスターを備えている。
 サイズは幅70×高さ65~95×奥行き45cmで、価格は2万1780円。

関連リンク

  • 11/25 16:05
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます