相葉雅紀『VS魂』主題歌で『FNS歌謡祭』出場も…浮所飛貴に「そこだけは本当に申し訳ない」と“神フォロー”した複雑事情

拡大画像を見る

 嵐の相葉雅紀(38)が11月18日放送の『VS魂』(フジテレビ系)で、美 少年の浮所飛貴(19)を気遣う場面があり、ネット上で話題となった。

 この日の番組では、ロックバンドのサンボマスターに楽曲提供を依頼していた番組主題歌が完成し、相葉や俳優の風間俊介(38)をはじめとする魂メンバーがレコーディングをしたことを報告。そして、相葉が「この曲をもって『FNS歌謡祭』12月1日出ること決まりました」と発表すると、魂メンバーは喜んだが、特に浮所はうれしかったようで、イスから立ち上がって「やった~!」と歓声をあげていた。

 そうした中、風間が「『FNS』よ!」と浮所に話を振ると、浮所は「ヤバいっすね。(ジャニーズ)Jr.で『FNS』出る人って、思い出す限りいないんですよ」と返答。それを聞いた相葉が「そこだけは本当に申し訳ない。グループとして最初に出たいよな、美 少年として、本当は」と声をかけたところ、浮所は「もちろん、その気持ちもありますけれども」と複雑な表情になった。

 そんな浮所に、相葉が「どうする? 出る?」といたずらっぽく尋ねると、浮所は「出ます! 絶対出ます! 出させてください、それは!」と『FNS歌謡祭』への出場を熱望し、スタジオの笑いを誘っていた。

 今回、相葉は浮所を気遣っていたが、複雑な思いを抱くのはファンも同じようだ。11月11日、『FNS歌謡祭』の番組公式ツイッターに、同番組で司会を務める相葉がメッセージ動画を投稿。その中で相葉が『VS魂』の主題歌披露を匂わせる発言をしたところ、浮所のファンから期待の声があがる一方で、一部のファンからはネガティブな反響も相次いでいたのだ。

■美 少年と嵐のファンは複雑な思いを

 それは、魂メンバーとしてではなく、美 少年の一員として『FNS歌謡祭』に出場してほしいというものだったが、長い間にわたり、浮所を応援してきたファンの気持ちとしては当然のものかもしれない。それもあり、相葉の言葉には、「相葉ちゃんがグループとして最初に出たかったよねって意図をくんでくれたのも大感謝です」「浮所くんへの配慮の言葉にも胸がいっぱいになります」「後輩を思う優しい言葉が相葉くんらしくてホントに好き」などといった称賛の声が数多くあがっていた。

 その一方、嵐のファンも相葉が『FNS歌謡祭』で歌うことについては、あまり歓迎していないようだ。活動休止からもうすぐ1年。活動再開を望む声は多いこともあり、相葉が『FNS歌謡祭』に出演することに対し、「嵐以外で歌う相葉くんは見たくないと思った」「本当は嵐として歌ってほしいって気持ちがあるから少し寂しい」という意見がネットに出ているのだ。

 ファンのさまざまな思いが絡まる『VS魂』の主題歌。美 少年ファンは相葉の言葉に少しホッとしたようだが、嵐ファンにとっては全面的に歓迎、というわけにはいかないようだ。

■ファンをモヤモヤさせた相葉雅紀のメッセージ

 投稿への返信はおおむね好意的なのだが……。

※動画は『FNS歌謡祭』公式ツイッターアカウント「@fns_kayousai」より

関連リンク

  • 11/25 16:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます