鈴木伸之“船橋”、ブルー樫沢の策略で不良と喧嘩を!?

拡大画像を見る

鈴木伸之が主演を務めるドラマ『お茶にごす。』(テレビ東京系、毎週木曜24:30~)の第8服(第8話)が、11月25日に放送される。

同ドラマの原作は、「今日から俺は!!」「天使な小生意気」など、キャラクターの面白みで勝負する“ヤンキーギャグ漫画”として金字塔を打ち立てた西森博之による同名コミック。中学最強の不良と恐れられていた“悪魔(デビル)まークン”こと船橋雅矢(鈴木)は、高校入学をきっかけにもう喧嘩はしないと決心。茶道部の仲間たちと関わることで少しずつ変わっていく様子が描かれる。

前回の第7服では、船橋の心の傷に寄り添う姉崎の台詞について、「聖人すぎる」「女神かな?」「心に響いた」とSNS上で話題となっていた。

<第8服(第8話)あらすじ>
船橋雅矢(鈴木)に馬鹿にされた事に腹を立てたブルー樫沢こと樫沢光輝(山本)は、軽挙高校の不良と手を組み船橋に喧嘩をさせるよう仕向ける。

下校中、突然不良に絡まれた船橋は浅川夏帆(萩原)と約束した“非暴力の誓い”を守る為何とか喧嘩をせず逃げ切ろうとするが……。

そんな様子を見ていた山田航(瀬戸)は、夏帆に船橋の事を褒めてあげてほしいとお願いする。

そして、船橋は姉崎奈緒美(久間田)に言われた一言に過去のある出来事を思い出していた。

関連リンク

  • 11/25 15:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます