キスマイ玉森裕太「怖くてタピオカミルクティーを必死で売った」!仲里依紗、夏菜にも虐げられた?“超女性優位”「地獄の高校生活」を激白!!

拡大画像を見る

 Kis-My-Ft2(キスマイ)の玉森裕太(31)と千賀健永(30)が、11月24日放送のラジオ番組『キスマイradio』(文化放送)で高校生活を振り返った。

 この日の放送では、元男子校で現在は共学になったものの、男子7割、女子3割という高校に通うリスナーからの「男子と女子が分断してしまっていて、なかなか上手く話せません」というメッセージを紹介。

 玉森と千賀は同じ高校の芸能コース出身で、玉森の入学した年度に女子校から共学に切り替わったという。

 千賀が「そのときってどれぐらいの割合だったの?」と尋ねると、玉森は「クラス……女子9割、男子1割。ヤバいよ、女の子30人ぐらいいて、男の子3人とか」と応じた。

 続けて、「入学式のときに度肝を抜かれたのが、今までの女子校の生徒の校舎、僕らは共学だから新しい校舎。で、その校舎行くまでに、女子校だった校舎の窓から女子たちが全員こっちを見てるのよ。それが怖くて、今でも忘れられない」と当時を振り返った。

 これに千賀が「人見知りの玉からしたら怖いよね」と言うと、玉森は「めちゃ怖かったし、俺3年間でしゃべらなかった女子のほうが多いよ」と告白。

 千賀が「マジで!? 同じクラスで1年間過ごしてもしゃべったことない女子がいるってこと?」と驚くと、玉森は「いる」とし「でも、その子は女の子といる時間がたぶん楽しかったのかな。“別に男子興味ありません”みたいな。だから俺らのときは初代だったから、そういうの如実に感じたよ」と語った。

「その中でもしゃべれるようになった女子もいるわけじゃん。どうやってしゃべれるようになったの? 芸能科だよね、俺たち。仲里依紗さんとか同じじゃなかった?」と千賀がふると、玉森は「仲里依紗とかね、今も活躍している子たちいっぱいいるけど。でも、そういう子じゃなくて。芸能コースって言ってたけど、仕事してる子と(芸能界を)目指してる子も入れたんだよね。だから、そういう子のほうがしゃべりやすかった。バチバチに仕事してる人たちより」とコメント。

■玉森裕太の同級生には有名女性芸能人がズラリ

 千賀も玉森と同じ高校の1学年後輩だったというが、男女仲良かったといい、最も女子と仲良くなった瞬間は「文化祭だった」と振り返る。

 しかし、玉森は「俺、仲良くできなかったけどね、文化祭で。タピオカミルクティーみたいなの作るって、女子が。男は何の意見もないし、何の権力もないから“はい”しか言えなかったんだけど。女子が圧倒的に強かったの」と告白。

 また、「俺、ジャニーズやってることもクラスの子知ってたから。“あんたジャニーズなんだからさ、外行って売ってきてよ”とか言われて。ずっと売ってた、超真面目に」「売らないで持って帰ったら、“なんでこんなに余ってんの!?”みたいな、めっちゃ怒られたから。怖くて、必死で売ってたし、余ったやつ飲んでたもん、自分でお金払って(笑)」と文化祭の思い出を語り、最後にはあらためて「怖かったんだよねぇ……」と漏らした。

「玉森さんの同級生には仲里依紗さん(32)のほか、夏菜さん(32)や南明奈さん(32)もいました。そして3人とも高校時代から“バチバチ”に仕事していましたからね。玉森さんはそういった女子とはあまり話さなかったんでしょうね」(女性誌ライター)

■夏菜は「全然しゃべったことない」

 2014年6月放送の『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)には仲がゲスト出演。高校時代の玉森について「廊下に追いやられてるイメージ(笑)」と告白。「男子が5人くらいしかいなかったから」と説明すると、玉森は「ってか、俺ら女の子にハブられてたから(笑)」と自虐しつつ振り返った。

 2017年12月の『キスマイ超BUSAIKU!?』には夏菜が出演し、高校時代の玉森について「全然しゃべったことないんですよ、学校で」と明かし、なぜしゃべらなかったのか問われた玉森は「俺、まぁ尖ってたんで」と濁し、スタジオの笑いを誘った。

「クラスに男子3人、女子30人だとたしかに女子の勢いに圧倒されてしまいますよね。廊下に追いやられ、文化祭では売り子を任され、売れなかったら自腹でタピオカミルクティーを購入して飲んでいたところからも、高校時代の玉森さんのクラス内での厳しかった立場がうかがえますよね。

 ただ、仲さんとは2011年にドラマ『幸せになろうよ』(フジテレビ系)で共演していますし、夏菜さんもたびたび『キスマイ超BUSAIKU!?』に出演しています。今ではビクビクすることなく、かつてのクラスメイトと話ができる関係になったのでしょうね」(前出の女性誌ライター)

 ジャニーズの人気グループのメンバーとして、芸能界の第一線で活躍する玉森だが、高校時代はかなり肩身が狭い思いをしていたようだ。

関連リンク

  • 11/25 15:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます