『M‐1グランプリ2021』審査員決定 松本人志、上沼恵美子ら7名続投

 12月19日18時34分から放送される『M‐1グランプリ2021』【決勝】(ABCテレビ・テレビ朝日系)の審査員を、オール巨人、上沼恵美子、立川志らく、富澤たけし(サンドウィッチマン)、中川礼二(中川家)、塙宣之(ナイツ)、松本人志(ダウンタウン)の7人が務めることが発表された。いずれも昨年と同じ顔ぶれ。

 “漫才日本一”を決める「M‐1」。誕生20年となる今年は、史上最多の6017組がエントリーした。審査員は、ファイナリスト9組+敗者復活組の合わせて10組をジャッジする。決勝と敗者復活戦の出場者は、それぞれ12月2日の準決勝後に決定する。敗者復活戦は12月19日14時55分から放送される(一部地域を除く)。

 オール巨人は2007年大会で審査員初登場し、今年で9回目。上沼恵美子は2007年大会で審査員初登場し、今年で9回目。立川志らくは2018年大会で審査員初登場し、今年で4回目。富澤たけしは2015年大会で審査員初登場し、今年で5回目。中川礼二は2015年大会で審査員初登場し、今年で7回目。塙宣之は2018年大会で審査員初登場し、今年で4回目。松本人志は2001年大会から審査員を務め、今年で15回目となる。

 司会は今田耕司と上戸彩が務めることが発表された。今田は2003年大会より司会を務め、今年で15回目。上戸は2008年大会より司会を務め、今年で10回目。

 『M‐1グランプリ2021』【決勝】は、ABCテレビ・テレビ朝日系にて12月19日18時34分放送。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/25 13:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます