ブライトバイテ、シャビの下でのプレーを心待ちに「エキサイティングなことになる」

拡大画像を見る

 バルセロナに所属するデンマーク代表FWマルティン・ブライトバイテが、今シーズンについて言及した。24日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 今年9月からケガにより戦列を離脱しているブライトバイテは、現在膝の手術から徐々に回復している模様。メディアの取材に応じた際には「間もなく復帰できるかどうかは問題だが、復帰したら重要な役割を果たすことになるだろう」と語った。

 今月新たに就任したシャビ・エルナンデス監督ともコンタクトを取ったようで「シャビとは話をしたよ。彼は自分が何をしたいのか、何を変えたいのかを明確にしている。そして、僕がどのようにプレーしたいのかも明確に知っているようだった。今後とてもエキサイティングなことになるだろう」と語り信頼を示した。

 昨年2月にバルセロナへ加入し3シーズン目を迎えているブライトバイテは、昨シーズンのリーグ戦で29試合出場2ゴール2アシストを記録。今シーズンは3試合出場で2ゴール1アシストと順調なスタートを切ったが、左膝の膝蓋大腿部を痛めて9月中旬に手術を受けていた。

関連リンク

  • 11/25 15:04
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます