柳家紫文さん死去 63歳 ネフローゼ症候群

拡大画像を見る

 三味線漫談家の柳家紫文さん(やなぎや・しもん、本名・田島悟)が19日午前にネフローゼ症候群のため死去した。63歳。25日に落語協会が公表した。葬儀は近親者で執り行った。

 群馬県出身。1988年に岸澤式祐の芸名で常磐津三味線方として歌舞伎に出演。1995年に二代目柳家紫朝に入門。「歌舞伎座と寄席の本興業に出演している、歴史上唯一無二の三味線弾き」と銘打って活動。国立花形演芸大賞銀賞などを受賞。

関連リンク

  • 11/25 14:52
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます