福原遥「夢見ていた」と涙 次々期朝ドラ「舞いあがれ!」ヒロイン決定 朝ドラ選考4度目挑戦で大役

拡大画像を見る

 NHKが27日、2022年度後期の連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」のヒロイン・岩倉舞役が福原遥(23)に決まったと発表した。福原は大阪放送局で行われた会見で喜びを語った。

 2545人が参加したオーディションから選抜された福原は、「本当にうれしいです」と第一声。「私にとって朝ドラは小さいころから見ていて、落ち込んだり前向きになれなかった時に、朝ドラを見ただけできょうも頑張ろうと勇気、パワーをもらっていた。自分もいつか明るいパワーを届けたらとずっと夢見ていました」とし、「私なりに全力で明るく楽しい思い、メッセージを届けて少しでも頑張ろうと思ってもらえる時間を作れたらうれしいです」と意気込みを語った。

 朝ドラのヒロインオーディションは4度目の挑戦。大役をつかみ、会見では両目に涙を浮かべながら「うれし涙です」と照れ笑いした。

 ドラマはものづくりの町、東大阪と自然豊かな長崎の五島列島が舞台。町工場を営む父・浩太と母・めぐみ、兄・悠人との4人暮らし。引っ込み思案だったヒロインの舞が、祖母・祥子の元を訪れたことから、パイロットと飛行機作り、空を飛ぶ夢に向かっていく挫折と再生を描く。

 今後は冬ごろに出演者を発表し、来年春にクランクインとなる。

関連リンク

  • 11/25 14:43
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます