フジ伊藤アナ、薬丸コメント中に思わず「あっ!」 発言止まるアクシデントで平身低頭

拡大画像を見る

 フジテレビの伊藤利尋アナウンサーが25日、フジテレビ系「バイキングMORE」で、薬丸裕英の発言中に突然「あっ!」と叫んで発言を中断させるアクシデントを起こし、出演者に平身低頭した。

 番組では静岡・川勝知事の“コシヒカリ発言”が波紋を呼んでいることを取り上げた。伊藤アナは、静岡県の広報課に届いた意見を読み上げ「全ての市町を…」と言った後「市町村でしょうね」とわざわざ「村」をつけて言い直していた。

 その直後、薬丸が「(川勝知事は)本当に厳しい状況だなと思います」と言ったところで、伊藤アナがかなりの声で「あっ!」と言ってしまった。

 驚いたのは薬丸。何かアクシデントがあったのかと目を丸くし、コメントを中断すると、伊藤アナは「ごめんなさい!」と口をふさぐと「静岡に村はないそうです。『村』と言ってしまいました」と謝罪した。

 突然の声に坂上忍は「なんか、やっくんが…」と笑うと、薬丸も「不適切発言したのかなと思って…」と苦笑い。伊藤アナは平身低頭で「ごめんなさい。完全にぼくが悪いです」「音に出ないはずの音が…潔く謝罪します」「私のミスです」と謝り倒し。薬丸は笑いながら「ちょっと分断生んだな」と特集テーマにちなんだワードで伊藤アナをいじっていた。

関連リンク

  • 11/25 13:16
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます