元「山尾志桜里」菅野弁護士が「ワイド!スクランブル」出演 ウイグル問題解説

拡大画像を見る

 「山尾志桜里」として活動していた元衆院議員で弁護士の菅野志桜里氏が25日、テレビ朝日系「大下容子ワイド!スクランブル」にVTR出演した。

 中国・新疆ウイグル自治区の人権問題について「議員時代に人権問題に取り組み続けた」弁護士として登場。「『普段着ている服がウイグルの強制労働で作られているんじゃないんですか?』というこの問題提起って、すごくわたしたちの生活にぐっと身近になってしまったわけです」などと解説した。

 米国では今年1月から「新疆ウイグル自治区で強制労働により綿花が生産されている」として新疆綿の輸入を禁止している。菅野氏は、企業側にも、製品を作る過程で「人権侵害に加担してはいけないよという意識がどんどん高まって」いると実情を説明した。

 国民民主党の衆院議員だった菅野(当時は山尾)氏は今年6月17日にSNSで政界引退を表明。「政治家とは別の立場で新しくスタートしたいことがある」として衆院選に出馬しなかった。

関連リンク

  • 11/25 13:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます