化学調味料・添加物不使用!神楽坂に「Vegetable base TOKYO」オープン


フードソリューションズインターナショナルは、全ての材料に食品添加物・化学調味料を使用しないベジタブルカフェ「Vegetable base TOKYO」を11月24日(水)、東京・神楽坂にオープンした。

添加物・化学調味料不使用でSDGsなメニュー


同店の料理人手作りのサラダやサンドイッチ、スープ、ジュースは、安心安全な食事を提供したいという思いから全ての材料に食品添加物・化学調味料を使用していない。また、SDGsの観点から容器はサトウキビの搾りかすを使用したバガス製・紙製・バイオペットを使用している。

バランスの取れたサラダやサンドイッチが登場

30品目以上の野菜や穀物が摂れるごちそうサラダは、ドレッシングも全て手作り。そんなサラダをメインにボリュームのあるサンドイッチ、季節のスープやジュースを提供するベジタブルカフェ。


メニューは、「Vegetable baseサラダ」880円や、


「グリルチキンとフレッシュフルーツ」1,180円、


「Vegetable base サンド」380円、


「ポークジンジャーときんぴら」580円など。


また、バランスの取れるスープとジュースのセットもある。

バランスの取れた食事を取りたい人、ジュースを飲んでちょっと一息つきたい人は「Vegetable base TOKYO」を利用しよう。

■Vegetable base TOKYO
住所:東京都新宿区神楽坂5–32-3
Instagramアカウント:@vegetablebase_kagurazka

画像をもっと見る

  • 11/25 9:25
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます