仲里依紗、小2息子の「おかあさん」川柳に感激 TOKIO松岡昌宏も絶賛

拡大画像を見る

 女優の仲里依紗が24日、フジテレビ系「TOKIOカケル」に出演し、夫で俳優・中尾明慶との間にもうけた小学2年生の長男が作った川柳の“使い分け”に「すごーい」と感激した。

 YouTuberとしても活躍する仲の素顔に迫る企画。スタッフは仲に伝えずに、YouTube内では「トカゲくん」と呼んでいる長男にアンケートを行った。

 「ママをテーマに川柳を作って」という少し変わったお題に「トカゲくん」は5作品を提供。

・おかあさん せかいでいちばん 派手だよね

・おかあさん いつも派手だよ すぐ気づく

・おかあさん YouTubeでも おもしろい

・おかあさん 猫を飼ってる おかか(猫の名前)さん

・なかりいさ ぼくがうまれて おかあさん

いずれも名作だが、特に5作目に仲、TOKIOの城島茂、松岡昌宏、国分太一、森三中の村上知子も声をそろえて「すごーい」。城島は「ぐっときたなぁ」と心を動かされていた。松岡は「山田くん10枚!」と「笑点」風に褒め、村上は「ウルッときた」とビックリだった。

 仲も「こんなこと書いたんですか!」と信じられない表情。「ちゃんと芸名使ってるところがスゴイ」と母親である「中尾里依紗」と女優「仲里依紗」を使い分けている点を指摘。松岡は「だからこそ、余計スゴイじゃん」と絶賛だった。

関連リンク

  • 11/25 9:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます