蒼井優に「真犯人フラグ」の黒幕説が浮上したワケ!

 果たして真犯人は誰なのか? そもそも母子失踪事件は犯罪なのか? ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)を巡る考察が広がるなか、意外な人物の名前が取りざたされているという

 11月21日放送の第6話では、妻と子供が失踪した相良家の合いカギを、妻・真帆のママ友で同じ団地に住む菱田朋子(桜井ユキ)が持っていることが判明。一人残された夫の凌介は朋子のことを庇うものの、凌介の部下で事件解決に協力している二宮瑞穂(芳根京子)は、朋子の勤務先に探りを入れることとなった。

「朋子が働く整体院に女性の施術士は一人しかいないことを確認した瑞穂は、さっそく客として整体院に潜入。男性担当者の施術を受けながら、それとなく朋子のことを訊いていました。ところが帰りがけに当の朋子とバッタリ。うまくゴマかしたものの、瑞穂の行動を怪しんだ朋子は、受付用紙に書かれた名前を確認したのです」(テレビ誌ライター)

 もちろん、機転の利く瑞穂は自分の名前を書いたりはせず、仮名を記載。その受付用紙が大写しになると、一部の視聴者は驚きを隠せなかったという。

「瑞穂が書いた仮名は『山里優』というもの。実はこの名前、お笑い芸人の山里亮太と結婚した女優・蒼井優の本名なのです。しかも受付用紙に書かれた8月14日という生年月日は、8月生まれの蒼井優と14日生まれの山里の誕生日を合成したもの。それに加えて瑞穂は、男性施術士からマッサージの感想を訊かれた時に『スッキリ~♪』とメロディ付きで答えていました。これは山里が“天の声”を務める情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)のジングルそのものだったのです」(前出・テレビ誌ライター)

 これほど山里・蒼井夫婦のネタをブッコんできたということは、同ドラマに蒼井が出演する可能性が出てきた証拠と捉える視聴者も少なくないようだ。そんな「真犯人フラグ」ではほかにも、今後の出演が確実視されている女優がいるという。

「ドラマの公式ビジュアルでは出演者が口に指を当てるポーズを取るなか、一人だけ顔が黒塗りされています。SNS上ではその顔が見えているポスターとされる画像が出回っており、そこに写っているのは香里奈なのです。第6話の時点ではまだ登場していない香里奈ですが、そもそも本作は2クール続けての放送が決まっており、これからさらに出演者が増えることは容易に想像できます。そのため香里奈に限らずまだまだ新たな出演者が表れる可能性もあり、蒼井優が途中から出演しても何ら不思議ではありません」(前出・テレビ誌ライター)


 果たして香里奈や蒼井は出演するのか。事件の謎とともに「スッキリ」させていただきたいものだ。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/25 8:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます