元宝塚月組トップ娘役・愛希れいか 二宮和也の“思い人”役で民放ドラマ初出演

拡大画像を見る

 嵐・二宮和也(38)主演のフジテレビ系新春スペシャルドラマ「潜水艦カッペリーニ号の冒険」(来年1月3日放送、後9・00)に、元宝塚歌劇団月組トップ娘役の女優・愛希れいか(30)が出演することが24日、分かった。二宮演じる主人公の日本海軍少佐・速水洋平が思いを寄せる小学校の教師役で、2018年11月に宝塚歌劇団を退団後、民放ドラマ初出演となる。二宮とも初共演で、2人のタッグが見せる温かな恋模様に注目が集まる。

 第二次世界大戦下を舞台に、厳格な日本海軍軍人と陽気なイタリア人たちの国境を超えた友情と恋を実話に基づき描いた物語。曲がったことが大嫌いな超堅物の速水が密かに恋心を寄せる女性・鈴木香苗を、元タカラジェンヌの愛希が演じる。速水と同級生で、妹・早季子(有村架純=28)の職場の同僚の小学校教師という役どころだ。

 愛希は宝塚歌劇団月組で娘役トップを6年間務めた。退団後は、現在放送中のNHK大河ドラマ「青天を衝け」にも井上馨の妻・武子役で出演。女優として活動の幅を広げている。タカラジェンヌとして磨かれた演技力と凛とした美しさで、二宮の相手役を務める。

 撮影は「青天-」よりも早く行われ、愛希にとって今作が初の映像作品。「緊張でいっぱいでした。でも、新しいことに挑戦させてもらえる機会を頂けてうれしい気持ち」とコメントした。

 また「戦時中のお話ですが、とてもコミカルに描かれているところもあり、面白くて心温まるすてきな作品だな、と思いました。ものすごく堅物の速水がどんどんイタリアの方々と打ち解けていく様子などが、ほほえましく、心にじーんときました」と二宮の熱演にも刺激を受けたようだ。

 物語の鍵を握るイタリア人兵士役のキャストも決定。漫画家でモデルのペッペ(29)、料理研究家でタレントのベリッシモ・フランチェスコ(42)、「じゃあいいですぅ」のフレーズでおなじみの「AirPAY」のCMで話題を集めたオペラ歌手のパオロ(35)が務める。

関連リンク

  • 11/25 5:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます