アジアカップ控え重要な2連戦…新体制なでしこのDF熊谷紗希「チームとして積み上げていく」

拡大画像を見る

 日本女子代表(なでしこジャパン)のDF熊谷紗希がオンラインで取材に応じた。

 10月に池田太氏が監督に就任し新体制となったなでしこジャパンはオランダへの遠征を実施。25日にアイスランド女子代表、29日にオランダ女子代表との国際親善試合を控え、海外組を含めてキャンプを張っている。

 熊谷はまず新体制について「監督が変わり、新しいチームということで、監督のやり方、スタイル、雰囲気がある中、私自身すごく楽しみにこの合宿に臨んでいます」と気持ちを明かし、「すごくいい雰囲気でトレーニングできていると思いますし、全員が新しい選手ではないですけど、新しいチーム、新しい目標に向かうという意味で、いいスタートを切れていると思います」と好調な滑り出しとなっているとコメント。

 1月にアジアカップを控えるなでしこジャパンにとって重要な試金石となるこの2戦。熊谷はこの試合の持つ意味についても触れ、次のように意気込みを語っている。

「時間がない中で、できるラストの対外試合になると思います。そこで欧州の2チームとできること、この状況でここに来られたことに感謝しています。チームとして積み上げていかないといけないですし、よりよく前に進まないといけないので、いい意味でいろいろなことにチャレンジしたいです」

「最初からうまくいくわけではないと思いますし、ピッチではまだ2回合わせて、で明日のアイスランド戦なので、エラーは出るかもしれないですけど、そういった意味でも次につながるエラー、狙いを持ったチャレンジの中から、次につながる、修正を利かすことができるチャレンジを、個々としてもチームとしてもしていきたいです」

「自分たちがサイドからやられることが多い中、サイドの守備は簡単ではない」と問題点を挙げた同選手は「引き続き、新しいことではないが、自分たちがしっかり守れるようにしないといけないところだと思います」と修正意識を見せた。

 また、欧州歴も長くなり、女子CL優勝も経験してきた熊谷は、後輩のいるチームの中で「自分のコンディションはベストに保つことを一番に考えて、その中で若い選手に伝えていきたいです」と道を示す覚悟を見せている。

関連リンク

  • 11/25 0:06
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます