京都の伝統工芸の「京友禅」から生まれた逸品「名馬全史京友禅」全5種が発売


老舗呉服屋の銀座いわきやと競馬グッズメーカー・東映エージエンシーは11月26日(金)に、「名馬全史京友禅(めいばぜんしきょうゆうぜん)/額縁入り」25,000円(税別)のソダシ、アーモンドアイ、オジュウチョウサン、オルフェーヴル、ゴールドシップの全5種を発売する。

名馬のレースシーンを京友禅で表現

着物の一大産地である京都。代表する「織り」といえば西陣織、そして「染め」は伝統工芸品の京友禅であり、京都が発信する染めのブランドだ。その伝統の染め技術を用いて名馬のレースシーンとジョッキーの箔押しサインをA4サイズの京友禅に仕上げた逸品となっている。なお、今後、一部サインが入らない仕様の可能性がある。


第一弾では、前人未到の芝GⅠ9勝牝馬の「アーモンドアイ」(獲得賞金:約15億円)、


凱旋門賞2着2回の芝GⅠ6勝馬「オルフェーヴル」(獲得賞金:約13億円)、


気性の難しさでファンを魅了したGⅠ5勝馬「ゴールドシップ」(獲得賞金:約14億円)、


有馬記念にも挑戦したJ.GⅠ6勝の絶対王者「オジュウチョウサン」(獲得賞金:約8億円)、


白馬で初のGⅠ2勝馬「ソダシ」(獲得賞金:約3億円)の5頭が登場する。

勇姿をダイナミックな色彩で染め上げた

京都の高度な技術を持った職人たちの手を経て、丁寧に制作。 制作工程ごとに専門の職人がおり、分業で仕上げていく京友禅の伝統にのっとった製法で作られているため、細部までこだわり抜いた逸品だ。競走馬の魅力のひとつである美しい筋肉の動きや毛並みを再現するために、実際に生地の上で幾度も緻密な色調整を行っている。より実物と近い色合いで、そして勝利を勝ち取る瞬間の勇姿をダイナミックな色彩で染め上げた。

また、週刊Gallop秘蔵の写真をベースに職人が染め上げたため、裏面にはGallopのロゴシールも京友禅の証紙と共に貼られている。

ブラタクシルクを使用

ブラタクシルクとはブラジルのブラタク社が開発した、有名ブランドのスカーフ等のシルク製品にも使用されている高品質な糸。同商品は、その中でも最高品質を意味する「A6」を付与された白生地を使用。白の発色度が非常に高く、経年変化による黄ばみが発生しづらいため、京友禅の特徴である鮮やかな染めの色合いを楽しめる。また、生地に織り込まれた銀糸が非常に華やかな印象を与える。

サイズは額縁込みで、左右30×天地25×厚み3㎝。書家・上田玉泉氏の書文字デザインののし紙を付けた包装紙にて梱包。販売は、サンスポe-shop、かわら版ホビー通販部、UMAMONOなどにて。

着物と馬を愛する人のために


明治30年創業以来、人々に着物のある人生を提供している「いわきや」。創業者の出身地は、相馬野馬追で知られる福島県南相馬市。馬を愛する創業者の強い想いから、乗馬倶楽部 銀座内に「銀座いわきや」を開店。着物と馬を愛する人のためにとっておきの逸品を揃えている。

気になる人は、「名馬全史京友禅/額縁入り」をチェックしてみて。

サンスポe-shop:https://www.sanspo-eshop.com/
かわら版ホビー通販部:https://eshop-kawaraban.jp/
UMAMONO:https://keibagoods.thebase.in/

画像をもっと見る

  • 11/24 21:30
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます