Juice=Juice・金澤朋子が卒業「これまでの期間は私の人生にとって誇りであり宝」

拡大画像を見る

 Juice=Juiceの金澤朋子(26)が24日、神奈川・横浜アリーナで行われたライブ「Juice=Juice Concert 2021~FAMILIA~金澤朋子ファイナル」公演で、グループおよびハロー!プロジェクトを卒業した。

 「ロマンスの途中」、ソロ曲「あなたを想う帰り道」など25曲を披露し、仲間との絆を歌った12月22日発売の新曲「Familia」では涙をこぼす場面も。「活動することができたこれまでの期間は、私の人生にとって誇りであり宝です」と感謝した。

 金澤は13年にJuice=Juiceの結成メンバーとしてメジャーデビュー。19年からは2代目リーダーを務めた。今年9月に子宮内膜症による体調不良で活動を一時休止。治療のため、卒業を決めた。今後は体調の回復を優先しながら、芸能活動を続けていく。「私は必ずみなさんの前に帰ってきます。約9年間、本当に本当にとっても幸せでした。本当にすてきな時間をありがとうございました。また必ず笑顔でお会いしましょう」と再会を誓い、晴れやかな表情でグループから卒業した。

 また、植村あかり(22)が新リーダーとなることが発表された。

関連リンク

  • 11/24 23:23
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます