TOMORROW X TOGETHER「日本での再会楽しみ」オフラインコンの目標宣言<GQ MEN OF THE YEAR 2021>

【モデルプレス=2021/11/24】韓国の5人組グループTOMORROW X TOGETHERが、24日に都内にて開催された「GQ MEN OF THE YEAR 2020」授賞式にビデオコメントを寄せた。

メン・オブ・ザ・イヤー・ポップ・アイコン賞を受賞したTOMORROW X TOGETHER。メンバーは日本語でもコメントを寄せ、リーダーのSOOBINは「受賞することができとても光栄です」と感謝。YEOJUNも「このような素晴らしい賞をいただけてとても嬉しいです」と喜んだ。

HUENINGKAIは、「現在は韓国ソウルにいるため、残念ながら会場に行けないですが、このような形でご挨拶できてうれしいです」と挨拶。

今年の同授賞式テーマにちなみ、“今年行った勇気ある行動”を聞かれたHUENINGKAIは「もともと勇気がある性格なので、どんな状況でもコンサートも勇敢にやりこなしました」と胸を張り、YEOJUNは「そうなんですね~今日初めて知りました」とおどけて笑わせていた。

11月10日発売の日本1st EP『Chaotic Wonderland』の気に入っているポイントについては、TAEHYUNが日本語で、「タイトル曲にYOASOBIの幾田りらさんがフィーチャリングしてくれて本当に嬉しいです」とにっこり。

最後に来年の目標を聞かれたBEOMGYUは、「僕たちのMOA(ファン)さんと一緒にコンサートをしたいです。オフラインコンサート!」と宣言。「状況が良くなったら、また日本に行って、一日も早く皆さんにお会いできることを楽しみにしています」と呼びかけた。

デビューから3年目の今年、韓国でリリースした韓国2ndアルバム『The Chaos Chapter: FREEZE』がアメリカのBillboard 200で初登場5位を記録、2021年発売されたK-POPグループのアルバムの中で最長期間となる13週チャートインしたTOMORROW X TOGETHER。いま韓国のみならず、日本をふくむ世界でもっとも注目されるグローバル・ポップ・アイコンとして受賞が決定した。

◆「GQ MEN OF THE YEAR 2021」受賞者決定

同授賞式は、メンズファッション・ライフスタイル誌『GQ JAPAN』が毎年開催する各分野において圧倒的に活躍をした人を称えるアワード。

今年は「勇者たちの年」をテーマに有村架純(女優)、阿部詩(柔道家)、阿部一二三(柔道家)、五十嵐カノア(プロサーファー)、北大路欣也(俳優)、北村匠海(俳優)、JP THE WAVY(ラッパー)、志尊淳(俳優)、都筑有夢路(プロサーファー)、野口啓代(プロフリークライマー)、マヂカルラブリー(お笑いコンビ)、堀米雄斗(スケートボーダー)、役所広司(俳優)、ゆりやんレトリィバァ(芸人)、LEX(アーティスト) が受賞した。

なお、TOMORROW X TOGETHER、堀米、役所はビデオでの出演となった。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/24 21:26
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます