弱くていい?【強がり女子】が嫌われる理由って?

拡大画像を見る


弱みを握られたくない、弱くみられたくないと女性の中でも弱いのに、強がってしまう人は存在します。大好きな男性にこそ、強がる必要はないのです。何故なら彼は、ちょっと弱い女性が好きだから。
是非、彼に好かれるためにも強がり女性を卒業してみることです。


守ってあげようと思う

弱いからこそ、守ってあげなきゃいけないと考えるのが男性であり、ここで強がっていては守ってあげようとは思ってもらえません。男性にとって、残念ながら弱い女性ほど好物といっても過言ではないからです。
決して強い女性がダメといっているわけではありませんが、普段強がっていてもふと見せる弱さが男性心をくすぐるようです。


可愛く思える

弱い女性というだけで可愛らしいと感じるというから驚きです。男性の中で女性はこうあるべきという勝手なイメージが存在するようです。もちろん、強がってる女性にたいして冗談半分で可愛くないなと告げるのは強がっているのがわかり、可愛く感じることもあります。
しかし、強がっていることを理解してもらえなければ可愛いという感情には繋がらないのです。


女性らしい

女性らしいなぁと思う感情は何よりも幸せなものです。女性らしさってなにだろうと考えた時に男性と女性では考え方が異なるようです。女性は強く芯がある女性にたいして女性らしいとイメージしますが、男性は弱い女性にたいして女性らしいと考えるのです。
なんだか納得はいきませんが、男女ともに考え方が違くて当たり前ですし感情の違いはあるものなのです。


男性の理想

男性の理想が弱い女性と知ったらなんだかショックを隠せないものですが、弱い女性が理想全てではありません。理想というのは、女性らしくこまった時に頼ってくれる弱さを持っているということを意味します。
つまり常に頼りっぱなしではいけませんし、いざという時に助けてと伝えてあげることができる可愛らしさをもった女性を理想と考えるのです。男性の心は女性以上に女性からしたら複雑なものなのかもしれません。男性の理想に近づくためにも、好きな人にたいしては少し弱さを見せても良いのかもしれないです。


まとめ

ある程度甘えてばかりではなく、自分でできることはするべきですが男性にとって自分だけには弱さを見せてほしいと思う願望が存在するようです。だからこそ、大好きな彼には自分のありのままの姿を見せてあげる事が重要であり、彼も嬉しくおもうはずです。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/24 21:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます