意中のカレを誘うならコレ!「男がそそられる鍋メニュー」9パターン

自宅開催の鍋パーティーは、気になるカレを家へと誘う「大義名分」にうってつけでしょう。条件反射で「行く!」と言わせるためには、相手の食欲を刺激するメニューを考える必要がありそうです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「意中のカレを誘うならコレ!『男がそそられる鍋メニュー』9パターン」をご紹介します。

【1】一人暮らしには嬉しい「野菜たっぷりの水炊き」
「『外食ばかりで野菜が足りてない』とボヤいていたらすかさず誘う!」(20代女性)というように、ヘルシーなイメージの「水炊き」で気になるカレを誘うパターンです。シンプルすぎて食指が動かない様子なら、「4時間かけて鶏ガラを煮出す予定なんだけど」などとスープに凝っていることを匂わせましょう。

【2】石狩鍋、きりたんぽ鍋など「郷土鍋」
「『実家の母直伝の』みたいな説明に男性は弱いです」(20代女性)というように、本格的な味を想像させる「郷土鍋」で気になるカレを誘うパターンです。「このために新巻鮭を取り寄せたんだー」などと食材へのこだわりを示すと、興味を持ってもらえそうです。

【3】定番かつ高級なイメージのある「すき焼き、しゃぶしゃぶ」
「やっぱり男を釣るならお肉!」(20代女性)というように、お肉がメインの「すき焼き」や「しゃぶしゃぶ」で気になるカレを誘うパターンです。「いいお肉をもらったんだけど、食べきれなくて…」などとあくまで手伝ってほしいという態度で臨むと、相手も乗りやすいかもしれません。

【4】シメはもちろんラーメンのガッツリ系!「もつ鍋」
「私はあんまり好きじゃないけど、男の人は喜ぶ」(20代女性)というように、ニラとにんにくたっぷりの「もつ鍋」で気になるカレを誘うパターンです。「シメはラーメン派?それとも雑炊派?」と誘導して、上手にその気にさせてしまいましょう。

【5】一人じゃなかなかやれそうにない「チーズフォンデュ」
「鍋と言っていいのか…でも興味がある男の人は多いみたいです」(20代女性)というように、慣れないとなかなか試すことができない「チーズフォンデュ」で気になるカレを誘うパターンです。ワイン好きな男性なら、チーズとのマリアージュについて話を向けると食いついてくるかもしれません。

【6】寒い季節に体があったまりそうな「キムチチゲ」
「すっごく寒い日に『辛い鍋であったまりたいねー』と言えば乗ってくる人は多い(笑)」(20代女性)というように、唐辛子たっぷりの「韓国鍋」で気になるカレを誘うパターンです。辛いのが苦手な男性には、「そんなに真っ赤なのじゃないから大丈夫だよ」とフォローしたほうがいいでしょう。

【7】自宅では食べたことがなさそうな「カレー鍋」
「今風の鍋は食べたことがない人が多そうなので」(20代女性)というように、カレー鍋やトマト鍋などの「ニューウェーブ鍋」で気になるカレを誘うパターンです。最近の変わり種鍋トークから始めて、「食べてみたいな」と言わせてしまえばしめたものでしょう。

【8】オトナの男性には大好評な「湯豆腐」
「胃腸の弱ったおじさまにはあっさりした湯豆腐が一番(笑)」(20代女性)というように、ある程度の年齢になると急に食べたくなる「湯豆腐」で気になるカレを誘うパターンです。湯豆腐だけではパンチが弱い場合は、日本酒や焼酎などの銘柄で勝負をかけましょう。

【9】日本酒が進みそうな「おでん鍋」
「相手の好きなおでん種をしっかり聞いて、さらに変わり種も入れておく」(20代女性)というように、体の芯からあったまりそうな「おでん鍋」で気になるカレを誘うパターンです。ただし、普通におでん屋に行く流れになりかねないので、オリジナル種も用意しておきましょう。

いずれにせよ男性によってそそられる鍋のレシピはさまざま。相手との会話から徐々に好みを割り出し、「それ実は得意です」と被せるのが安全策かもしれません。(熊山 准) 【調査概要】 期間:2014年7月1日から3日まで 対象:合計500名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/24 18:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます