女優・能條愛未(乃木坂46の元メンバー)話題作 ABEMA『私が獣になった夜~名前のない関係~』で主演 「見どころはラストの私の『爆発』です」

「私が獣になった夜~名前のない関係~』」で熱演した能條愛未さん。

乃木坂46の元メンバー能條愛未さんが、オムニバスドラマ『私が獣になった夜~名前のない関係~』(ABEMA)で主演を務めます。この作品、シーズン1は2021年6月25日から「ABEMAプレミアム」で配信。四部作になっており、1話ずつ異なるストーリーで女性が“獣”のように男性を求めた瞬間を描いた、禁断のシークレットラブストーリー多くの女性が共感できるドラマでありつつ、男性も「実際の恋愛ってこうだよな」と納得できる内容となっています。

シーズン1では
・「同窓会の夜、彼氏とレスな私」で大島涼花さん(元AKB48)
・「年下部下との夜、ちゃんと上司な私」で手塚真生さん
・「不器用男に迫られた夜、元彼に未練な私」で小島梨里杏さん
・「ハロウィンな夜、残りものな私」で坂ノ上茜さん
がそれぞれ、体当たりの演技、熱演を見せてくれました。

そのシリーズに能條愛未さんが登場。第1話『身体だけ求められた夜、変われない私』川上詩織役で主演。配信は11月19日朝8時より。「ABEMA」のプレミアムプラン「ABEMAプレミアム」(第1話は無料で視聴可能)で見られます。

乃木坂46で1期生として活躍したのは多くの人が知っていると思いますが、現在は本格的に女優の道を歩んでいます。つかこうへいさんの名作『新・熱海殺人事件』ではスケールの大きな演技を魅せたりと、舞台女優としての道を確実に一歩一歩踏み出しています。正統派女優としての道を歩き続ける中で、今回は大きなチャレンジとも言うべき作品に巡り合ったのではないでしょうか。それが『私が獣になった夜~名前のない関係~2』の主演。正統派舞台女優としての道を進んでいる能條さんが、今回の『私が獣になった夜』という、舞台とはまた違った演技を求められる中、どういう心情で臨んだのでしょうか。

熱演!能條愛未(元乃木坂46) 「新熱海殺人事件」荒井敦史、多和田任益、向井地美音(AKB46)、三浦海里、松村龍之介、愛原実花が魅せた | TABLO 

――以前、『新・熱海殺人事件』を拝見してスケールの大きい演技に感激しました。今回新しいチャレンジをされるということでぜひお話を伺いたいと思います。『私が獣になった夜』の脚本を読んだときの感想から教えてください。

能條愛未さん(以下・能條さん) すごくリアルだなと思いましたね。現代の女の子なら実際にその経験がなくても、ほとんどの子がわかるというか。女の子だからこそわかる痛みだったり、男性にはきっと中々、わかってもらえない悲しさだったり切なさだったり、そういうのがすごくリアルに描かれているなという印象を受けました。

――前シーズンは見られましたか。

能條さん そうですね。

――どのお話に一番感情移入されました?

能條さん 焼鳥屋さんですかね(笑)。(註・「不器用男に迫られた夜、元彼に未練な私」。焼き鳥屋で彼氏と喧嘩した女性が行きつけの焼き鳥屋の店主と……)

――なるほどです。それと舞台とテレビでの演じ方の違いというのは感じられましたでしょうか。

能條さん 舞台は遠くのお客様にも伝わるように、本来だったらその声量で話すようなことじゃない会話も、そこは大きく見せなきゃいけなかったりもします。基本的にすべてが「大きく大きく」というか。私は舞台のほうが多かったので、歩き方ひとつにしても舞台っぽいって言われるんですよね(笑)。
今回は映像に挑戦させてもらって、身につきすぎてしまっている舞台のお芝居とか表現を常に意識しながらお芝居しました。でも気を抜くと舞台っぽいしゃべり方になったり、大きくなってしまったりというのがあるので、それは普段ドラマを観ていて、すごく自然に細かい表情とか瞬きだったりで伝えるお芝居は引き込まれますし……。自分もドラマに挑戦するからにはそういうお芝居をやりたいと思ったので、自分なりにはリアルを追求した芝居をやったつもりではあるんですよね。

――あ。まずは主演おめでとうございますって初めに言わなければいけなかったですね、失礼しました。

能條さん いえいえ、ありがとうございます(笑)。

 

――大変、話題性の高いドラマです。この作品が「女優・能條愛未」にとって、ターニングポイントになるような予感はお持ちですか?

今最も勢いがあるアイドル 指原莉乃プロデュース「=LOVE」髙松瞳・齊藤なぎさに直撃インタビュー!! | TABLO 


能條さん 撮影を終えて、「この先もう怖いものないな」っていう感じがあります。何かひとつ、変に守ってるものとか、そういうタガが外れた感覚があるんです。「今の自分、すごく強いな」っていう、怖いものがないって気持ちになったんですよね。

――なるほど! 前シーズンのほかの作品には負けないぐらいの熱量で……。

能條さん (うなずきながら)挑みましたね。

――観てもらいたいというポイントはどこでしょう?

能條さん 今回、本当にすごく皆さんが共感できるお話だと思っています。女の子が一生懸命恋をする物語っていうのが軸だと思っているので。実際に私が今回の役のような経験をしたことがあるかと言われるとそうではないんですけど、でも心の中の葛藤や、ホントはつらくて苦しくて怒りたいくらいの気持ちだけど、それを抑えて笑顔で振る舞ったり話したり、そういう苦しさはわかります。そこは変に作り込まなくても自然と入り込めました。

――どのような心情でお芝居に臨んだのでしょう?

能條さん あんまり作り込んだ感じがなかったんです。何となく脚本を読んでセリフを覚えるなかで、この時の感情はこんな感じだろうなっては想像していました。あとは毎回そうなんですけど、現場で湧き上がってきた気持ちとか、自然の流れで出てきた自分の言葉というか、そういうのでやっていこうと思っていたので、撮影中に苦労したと思ったことは一度もなかったですね。

――すんなり役に入り込めてそのまま演技できた、と。

能條さん そうですね。

――ドラマのテーマの一つである、大人の女性の恋愛の仕方と、少し年下女性の恋愛の仕方とちょっと違うと思うんですけど。

能條さん そうですね、私ももう27歳になっちゃったので昔よりはいろんなことがわかるようになったは思います。そこは、20代前半の頃には表現できなかったお芝居ができたんじゃないかなって思います。

――アラサーといわれる年齢ってどんどん女性が磨かれていく時期だと思ってるんですけど、ひとりの女性として30代に向かうにあたってこういう女性でいたい、みたいなものってありますか?

能條さん アラサー……そうなんですよねー(笑)。でも普段はかなり子供っぽいというか。

――『乃木坂工事中』(テレビ東京系)ではキャラは大人っぽいという感じではなかったですよね(笑)

能條さん 本来の私はあの頃とあんまり変わってないんですよね。でもお仕事でもプライベートでも色々な経験はしている方なのかなと思うので、それは決して無駄になってないなって、お芝居をするとよりそれがわかります。普段は基本、何も考えないで生きてるんですけど(笑)、でもお芝居をあとで見返すと、あの時の経験がつながってこういうお芝居になったのかなって感じることがあるので、全部無駄になっていないなと思います。そして、これからもっと苦しかったり、悲しかったり悔しかったりっていう経験もたくさんあると思うんですけど、それも全部逃したくないなと思います。いつでも思い出せるように、忘れないようにしまっておきたいですね。

――男性と女性ってわかり合えないものだと言われたりします。ずっと平行線なんだけど、どこかで譲り合う感じで、そういう男女の価値観の違いのドラマだと思いました。

能條さん ドラマのラストのほうになっていくと、たぶん女の子同士だったら絶対に気づく変化とか、普通っぽく振る舞っているけどちょっと違うぞとか、言っている言葉と感情が違うなっていう微妙なところがあるんですけど、を男性は「ここ気づけないんだな」って。そこはすごく思いましたね。

――それはシーズンを通してのキモでもあると思ったんですけど、今回もそんな感じが出てくるんですね。

能條さん そうですね。

――能條さんは男性と女性はわかり合えないものだと思います?

能條さん うーん、どうなんだろう(笑)?

――つまり、ドラマを観てると男って女性のことわかってないんだなって思ったので、男性が観てもいいと思いますね。

能條さん そうですね。男性にもぜひ観ていただいて、いろんなことを感じてほしいですね。

――それは、例えばどんな部分でしょうか。

能條さん 自分の身近にいる女の子、彼女にしろ、彼女じゃないにしろ大切にできてるのかなとか、そういう部分を自分に置き換えて観てほしいですね。

――テレビドラマは何回か出られていますが、このような感じのドラマは初めてですか?

能條さん ドラマは全くの初ではないんですけど、かなり久しぶりではありますし、こんなにしっかりドラマでお芝居をしたっていうのはほぼ初めてと言っていいのかもしれないですね。

――女優としての幅を広げるという意味で挑戦という意味もあったのでしょうか?

能條さん 違うステップに行くきっかけになればいいかなというのはありました。このまま舞台をひたすらやっていくのも楽しい、良いと思うんですけど、自分がやったことがない別の領域にあえて飛び込んで行くというのが良いのかなと思いました。

――では今回は自信作ですね!

『フラガール』 アイドル女優たちが繰り出すしなやかな衝撃 乃木坂46井上小百合、AKB48太田奈緒、矢島舞美ら共演 | TABLO 

能條さん ホントに悔いはないですし、どのシーンも全力でやりました。

――先ほど、「怖いものがなくなった」とおっしゃっていたので、女優さんとして吹っ切れた感じなんですかね。

能條さん そうですね。変に守っていたものが取っ払えたというか。女優としてかなり大きな一歩を踏み出すことができたんじゃないかなとは思います。

――因みに目標とする女優さんはいらっしゃるんですか?

能條さん 特にこの人みたいになりたいっていうのはあんまりないんです。

――なるほど。では自分の演技をひたすら追求していくみたいな感じですか?

能條さん そうですね。私は私のやり方でやっていきたいです。

――そういう能條さんの演技で、「ここが強み」みたいなものってありますか?

能條さん 感情を爆発させるという、自分で出来ていると思っているわけではないんですけど、馬力があると言って頂けたことがあったんです。爆発力みたいなお芝居はもしかしたら強みなのかもしれないです。

――今回そのあたりは?

能條さん 今回は怒り狂うみたいなことはなくて、どちらかというと抑えて抑えて、最後の最後にようやくという感じです。

――なるほど。では、逆に抑えた演技になるのでしょうか。

能條さん 基本的にはそうだと思いますね。今までは何も言えなかったけど、最後にようやく、「女の子が積極的になったって別にいいじゃん」って逆転する瞬間があるんです。そこは今まで抑えていたものを爆発させるじゃないけど、そういう感じになっていると思います。

――楽しみです! 視聴者に向けて、特に観てほしい部分を教えてください。

能條さん 私はこのドラマに対してすごく覚悟を持って挑戦させてもらいました。そこは応援の気持ちも込めて観てほしいなって思います。あと……とにかく私は全力でやり切ったと胸を張って言えるので、きっといい作品になっていると思います。なのでたくさんの方に観てもらって、たくさんの方に共感してもらいたいです。

※終始穏やかに、時々考えながら言葉を噛みしめるようにインタビューに応じて頂いた能條愛未さん。今回のドラマ『私が獣になった夜~名前のない関係~』の第1話【身体だけ求められた夜、変われない私】川上詩織役で女優としての大きな挑戦を果たしました。その、常に挑戦し続けるガッツにエールを贈りたいと思います。(インタビュー@久田将義 Photo@インベカヲリ)

<衣裳協力>花柄ワンピース:ダブルスタンダードクロージング(フィルム)、レースアップブーツ:ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)、イヤリング:ラウローラ(@laurora_japan)

▼番組情報
ABEMAオリジナルドラマ『私が獣になった夜~名前のない関係~』(全6話)
配信日時:
第1話~第3話:2021年11月19日(金)
第4話:2021年11月26日(金)
第5話:2021年12月3日(金)
第6話:2021年12月10日(金)

https://abema.tv/video/episode/90-1602_s2_p1

「ABEMAプレミアム」限定配信(※第1話は無料でお楽しみいただけます)

関連リンク

  • 11/24 18:00
  • TABLO

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます