【浦和・まがたま賞結果】本田正重騎手騎乗の1番人気アマネラクーンが快勝

拡大画像を見る

 24日、浦和競馬場で行われた21まがたま賞(ゴールドカップトライアル)(3歳上・準重賞・ダ1400m・1着賞金600万円)は、道中3番手でレースを進めた本田正重騎手騎乗の1番人気アマネラクーン(牡4、浦和・小久保智厩舎)が、3コーナーから大外を勢いよく進出して4コーナーで先頭に立ち、中団追走から直線大外をよく伸びた9番人気ヒイナヅキ(牝5、船橋・山中尊徳厩舎)に2.1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分28秒0(稍重)。

 さらにクビ差の3着には4番人気デイジーカーニバル(牡6、浦和・繁田健一厩舎)が入った。2番人気に推されていたロードオブザチェコ(牡3、浦和・藤原智行厩舎)は8着、3番人気に推されていたトドビエン(牡5、大井・堀江仁厩舎)は5着。

 アマネラクーンは父パイロ、母ホウショウアマネ、その父Unbridleds Songという血統。3歳の5月とデビューは遅れたが、ここまで全て地元浦和コースを使われ、2度の2着以外は勝利しており、前走まで6連勝でここに臨んでいた。通算成績はこれで11戦9勝。

 なお、1着馬のアマネラクーンには、12月21日に浦和競馬場で行われる第59回ゴールドカップ(SI)の優先出走権が付与された。

(取材、撮影:高橋正和、編集:netkeiba.com)

関連リンク

  • 11/24 17:50
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます