傷だらけだったところを保護してもらった野良犬 飼い主の乳がんを知らせて恩返し(英)

拡大画像を見る

英グロスターシャー州サイレンセスター在住のカレン・イーシアさん(Karen Ethier、55)が、愛犬“ルーイ(Louie、10)”と出会ったのは2014年のことだった。当時、犬や猫の保護団体「Bath Cats and Dogs Home」で動物福祉マネージャーとして働いていたカレンさんのもとにルーイが運ばれてきた。

マスティフとスタッフォードシャー・ブル・テリアのミックス犬であるルーイは、路上にいたところを保護された。その体は痩せ細ってアザだらけだったうえに、片方の前脚は動かずぶら下がっているような状態だった。

すぐに獣医のもとへ連れて行き診察を受けると、ルーイの脚は複数か所を骨折していることが判明した。「1本の脚で何か所も骨折しているのは見たことがない」と医師も驚きを隠せないほどだったという。

過去に酷い扱いを受けていたことは明白だったルーイだが、その脚を治療するのは困難だと判断され、片脚を切断することになった。

「こんな状態のルーイを見て本当に心が痛みました。ルーイは可愛らしい子で、一目見て心を奪われました」と当時を振り返るカレンさんは、ルーイに新しい幸せな生活を与えるために家族として迎え入れることを決めたのだった。

カレンさんの家にはスタッフォードシャー・ブル・テリアの“クロイ(Cloey、15)”と“ロッコ(Rocco、6)”、ブルドッグの“ピー・ウィー(Pee Wee、8)”、ロットワイラーの“ライナ(Ryna、5)”という4匹の犬を飼っており、ルーイはカレンさんと4匹の仲間たちに囲まれ、これまでとは考えられないほど賑やかで楽しい日々を過ごしていた。

そして6年が経過した2020年10月、ルーイが今まで見せたことのないような行動を起こした。

その日はカレンさんが友人のヘレンさん(Helen)を自宅に招き、キッチンで座ってお喋りしていた。そこにやってきたルーイは、カレンさんの胸に頭や鼻をしきりにぶつけたりこすり付けたりし始めたのだ。

ルーイはカレンさんの胸の同じ場所ばかりを狙うように繰り返していたという。この不思議なルーイの行動を見たヘレンさんは「ルーイは何かを感じ取ったのかもしれないわよ」と言って、カレンさんに一度診察を受けるように促した。

ヘレンさんの話を真に受けていなかったカレンさんだったが、その日シャワーを浴びている時に自分で胸を触って確認してみると、左胸にしこりのようなものがあることに気付いたという。そして後日病院で検査を受けると、ステージ3の乳がんであることが確認された。

カレンさんは乳がん全体の約20%を占める“トリプルネガティブ乳がん”というタイプだった。これは3年以内の再発率が高く、治療法も限られてくる乳がんだという。

カレンさんの左胸にできたしこりは、手術で除去するにはサイズが大きすぎるほど進行してしまっていた。サイズを小さくするために6か月の化学療法を受けた後、手術で左胸のしこりと転移してしまった左腕のリンパ節を切除し、さらに3週間の苦しい放射線治療に耐えた。

「本当に恐ろしい体験でしたが、ルーイは信じられないほど忠実に寄り添ってくれました。私が治療のせいで体調が悪かったり落ち込んだりしていると、いつもそばにいてくれたのです。」

ルーイのおかげで乳がんを知ることができたカレンさんは、今年の6月に厳しい治療を終えたそうだ。お互いに命を救い合ったカレンさんとルーイは、再び穏やかで楽しい生活を楽しんでいる。

画像は『Metro 2021年11月23日付「Woman says three-legged rescue dog ‘saved her’ back by finding aggressive cancer」(Picture: Karen Ethier / SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 11/24 17:33
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • あきひろ

    11/24 20:54

    ガンにかかるなんて犬が不幸を呼び寄せたのでしょうね😰

  • トリトン

    11/24 19:07

    偉いワンちゃんですね恩を返したのですね、

記事の無断転載を禁じます