iPhoneの新OSをもっと便利に使いこなす技6選

拡大画像を見る

―[デジタル四方山話]―

◆iOS 15で活用したい新機能とは

 2021年9月に配信が始まったiOS 15は、何回かバグ修正のバージョンアップをして最新版は15.1.1(11月21日時点)。色々と大きな機能強化が行われており、とても便利。そろそろ安定しているので、様子見の人もアップデートしてはいかがだろうか。

 大きく変わったSafariについては先日、「iPhoneの新OSは何が違う? アップデートされたSafariに注目してみた」で紹介したので、今回はSafari以外に関するiOS 15の注目ポイントを紹介しよう。

 アプリからの通知は受け取りたいが、頻繁に表示されるのは鬱陶しいという人も多いだろう。そんな時は、iOS 15の新機能「時間指定要約」を利用しよう。都合のいい時間帯に指定したアプリの通知をまとめて受け取れるようになるのだ。ランチタイムとか移動時間に表示されるようにしておけば、作業を邪魔されずに済む。

「設定」の「通知」を開き、「時間指定要約」をタップし、「スイッチをオンにする。続いて、よく通知が出るアプリが表示されるので、まとめたいアプリを選択し、「Appを追加」をタップする。

 最後に、要約を通知する時間を指定して、「通知の要約をオンにする」をタップすればいい。通知時間は1日に複数回設定することも可能だ。なお、リアルタイムに受取りたい通知のアプリは選択しなければいい。

◆画像内の文字をテキストとして認識

 iOS 15では画像内のテキストをテキストとして認識できる。例えば、友だちの連絡先を聞いたときに、データで送ってくれずに、画面キャプチャを送ってくる人がいる。これまではため息をつきながら、手入力しなければならないところだが、iOS 15ではそのまま文字列を選択できる。メールアドレスなら長押しで、メールの作成画面を直接開ける。

◆ぐちゃぐちゃのホーム画面もスッキリ

 アプリをたくさんインストールしているとホーム画面がぐちゃぐちゃになってくる。フォルダで分類することもできるが、数が多いとそれも面倒。そんな悩みを抱えているなら、iOS 15のホーム画面編集が便利に使える。

 画面を長押しして編集モードに入ったら、画面下の「・・・」をタップ。ホーム画面が表示されるので、ドラッグで並べ替えたり、「-」をタップして削除したりできる。もちろん、ホーム画面を削除しても、そこに表示されているアプリはAppライブラリから起動できる。

 iPhoneはあまりアプリ間の連携が得意ではないが、なんと新たにアプリ間でデータをコピーできるようになった。テキストや画像を長押ししたまま、他の指でアプリを切り替え、ドロップするとコピーできるようになったのだ。

 長押ししたまま別の指で操作するのはちょっと手間取るかもしれないが、すぐに慣れる。コピーとペースト操作を行うよりも楽なので、覚えて起きたい技だ。

◆拡大鏡アプリが復活

 iOS 13で削除された「拡大鏡」アプリが復活しているのもありがたい。カメラを利用し、被写体を拡大して見られる。筆者は強い近視なうえ老眼も進み、小さい文字が読みづらくなっている。Wi-Fiルーターの本体に貼られている暗号化キーなどは本当に読めずに苦労する。

「拡大鏡」アプリがあれば、アプリを起動して向けるだけ。ゲージを動かして見やすい大きさにできるし、色や明るさを調整することも可能。ライトを点けることもできるなど、至れり尽くせりだ。

「FaceTime」が大幅に強化された。声がクリアに聞こえるようになったり、背景をぼかして整理されていない部屋を隠したりできる。何より便利なのが、「FaceTimeリンク」。URLを発行して共有することで、友だちがAndroidスマホを使っていても、Windows PCを使っていてもビデオ通話ができるのだ。

 共有したURLにアクセスするとホストに「参加をリクエストした人がいます」と通知が出る。ホストが参加を承認すると、通話が始まる仕組みだ。そのため、万一URLが漏洩しても、ビデオ通話に乱入されるようなことはない。

 相手側はアカウントもアプリも不要で、その場で名前を入力して参加できるので手間がかからない。さくっと顔を見て話したい、というときに便利なので活用しよう。

 以上が、iOS 15で活用したい新機能6選となる。とても便利なので、ぜひ一度試してみてはどうだろうか。

<文/柳谷智宣>

―[デジタル四方山話]―

【柳谷智宣】
お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。2021年3月には、原価BAR三田本店をオープンした。新型コロナウイルス影響を補填すべく、原価BARオンライン「Wi杯」をスタート。YouTubeチャンネルも開設し生き残りに挑んでいる

関連リンク

  • 11/24 15:53
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます