木梨憲武“チビノリダー”伊藤淳史の成長イジる「とんねるずの裏番組に急に出たり」

拡大画像を見る

 とんねるず・木梨憲武(59)が24日、都内で行われた「WORK DESIGN AWARD 2021 授賞式」のプレゼンターを、俳優・伊藤淳史(37)と務めた。

 2人は「仮面ノリダー」と「チビノリダー」として初共演してから30年以上の付き合い。木梨が「アドリブにも泣かないで、ものの見事に対応して。生まれ持った5歳でしたから」と当時を振り返って絶賛したが、伊藤は「ここだけの話、ほとんど覚えてないんです。どうやら結構人気者だったみたいで、何で覚えていないんだろうって。悔しい」と苦笑した。

 最近は一緒にゴルフもラウンド。幼少期を知るだけに、木梨は「初めて淳史が自分の車を運転して、ゴルフバッグを出しているのを見た時は衝撃的でした」と明かし「とんねるずの裏番組に急に出たりとか。『あ~出るんだ』と」と成長をイジって笑いを誘った。

 今年を振り返る漢字を問われると、6月に第3子が誕生した伊藤は「新」と回答し「何でも新しく未来へ向けてやっていけたら」と説明。すると、木梨は「古」と記入し「古いものがあるから新しくなるわけで。来年60になりますけど、古い人を大切にしなさいと!」とあうんの呼吸で切り返し、伊藤を爆笑させていた。

関連リンク

  • 11/24 15:41
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます