みちょぱ、デコルテ&肩見せワンショルワンピで登場「魚の漁で使われる網をリサイクル」

【モデルプレス=2021/11/24】モデルでタレントの“みちょぱ”こと池田美優が24日、都内で行われたイベントに出席。漁網をリサイクルしたというワンピース姿で登場した。

◆みちょぱ、驚きのリサイクルファッション

ユーズドアイテムを購入して身近なサステナビリティが体験できる期間限定ストアのオープニングイベントに出席した池田は、この日のファッションのポイントを聞かれると「実はお魚の漁で使われる網をリサイクルしたワンピースになっていて、素材もよくてめちゃくちゃ着心地がいいのに、リサイクルされたワンピースだと聞いて『これはいいな!』と思ってこれにしました」と明かし、「『グリーンフライデープロジェクト』なので、グリーンの色のピアスをつけたり、風呂敷を髪の毛に巻いてファッションでも使えるんだぞというのをアピールしました」と紹介した。

また、同店舗で出品されるアイテムのセレクトを行ったという池田は、感想を求められると「すごい量があるので選ぶのにめちゃくちゃ時間がかかって、選んでいるうちに自分のものだと思って選んでいたので、今回、選ばせていただいたのは普段、自分が着るようなアイテムが多いです」と打ち明け、「5万点もあったということで、そりゃ悩むわと思ったんですけど、すごくいいものを選ばせてもらったので、ぜひチェックしていただきたいです」とコメント。

同店舗では池田の私物も出品されるそうで「自分の服をみなさんに渡すということをしたことがなかったので、何を出したらいいのか、何を好んでくれるか不安ではあったんですけど、たくさんの商品を出させていただきましたし、アンバサダーの方がたくさんいるんですけど、その方たちのものも出品されているので、いろいろジャンルがあって悩んじゃうと思うんですけど、ぜひ来て、気に入ったアイテムを買ってもらったらなと思います」と呼びかけ、「自分のものが売れ残ったら寂しいですよね(笑)。それだけは避けたいんですけど、だからといって無理に買って無駄にするのは嫌なので、よく悩んで使えそうなものや、プレゼントできそうなものをゲットしていただけたらなと思います」とお願いした。

◆みちょぱ、昔から大事にしているものとは?

イベントの内容にちなみ、池田自身が昔から大事にしているものを尋ねられると「洋服とかも昔から使っているものがあるんですけど、だんだん味が出てくるので下手に捨てたり、あげたりせずにとってあるものがあるんですけど、1番はファッションと関係ないんですけど、小学校1年生から持っているぬいぐるみが未だに捨てられないです」と打ち明け、「すごくボロボロで黒くなっても、小さい頃からずっと手洗いで洗ってもらったり、目玉が取れても接着剤で付けて、今でも捨てられなくて、部屋の時計の横にチョンと置いてあります。一生これは捨てられないなと思いますね」と笑顔を見せた。

最後に、今年の秋冬はファッションをしたいか質問された池田は「自分自身はカラーものとかも多かったんですけど、今回の企画に参加させていただいてから、新品じゃなくてもいいんだなと。昔の流行が今に来たり、1周回って来ているので、そういうものをゲットできたらなと思いますし、いまは形とか色が流行りというより、サステナブルな行動をしてゲットしたものが流行りというイメージがあるので、そういうことを流行らせたいなと思います」と目を輝かせた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/24 15:20
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます