中川翔子 子役時代に安達祐実と一騎打ち 有名CM選考でクソガキ反抗「やーだ!」

拡大画像を見る

 タレント中川翔子(36)が23日放送の日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」に出演。子役についての話題で、「芸歴の数え方って難しいなと思うんですけど、私も子役、実はやってたんですけど、5歳くらいの時から」と明かした。

 本格的なデビューは16歳の頃で「空白の期間がある」と説明し、「5歳からでカウントすると芸歴31年でよゐこさんと同期になっちゃう」と笑わせた。

 一方で子役時代は「子役の時も安達祐実さんと最終オーディションで一騎打ちみたいになったんですよ」と告白した。そのときを「安達祐実さんが『家なき子』の前に『具が大きい』ってCMでドーン!ってなったんですけど、それで最後に残って、『具が大きい』って言ってと大人に言われて『やーだ!』と言ったの覚えてるんです」と憎たらしい顔で反抗したことを明かして手で顔を覆い、周囲に「クソガキ、クソガキ」とイジられていた。

関連リンク

  • 11/24 14:57
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます