ACL王者はアル・ヒラル! 浦項を下して大会最多4回目の優勝&来年のクラブW杯出場権獲得

拡大画像を見る

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝が24日に行われ、アル・ヒラル(サウジアラビア)が浦項スティーラース(韓国)を2-0で下して同大会最多4回目の優勝を飾った。

 アジアの頂点を決める一戦は、開始からわずか16秒でスコアが動く。アル・ヒラルのサウジアラビア代表MFナセル・アル・ドサリが中盤でルーズボールを拾うと、強烈なミドルシュートをゴールに突き刺した。このゴールは、ACL決勝史上最速弾となった。

 後半に入ると、63分には元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスからのスルーパスを受けたマリ代表FWムサ・マレガが追加点をマーク。浦項は90分間をとおしてゴールを挙げることができず、アル・ヒラルが2-0で勝利を収めた。アル・ヒラルは、本拠地『キング・ファハド国際スタジアム』で行われた決勝を制してACL王者に輝くとともに、2022年初めにアラブ首長国連邦で開催予定のFIFAクラブワールドカップ出場権を手にした。

関連リンク

  • 11/24 13:34
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます