NHK「おげんさんといっしょ」でアメトーークならぬパペトーーク 星野源「筋は通した」

拡大画像を見る

 NHKで23日に放送された「おげんさんといっしょ」で、Eテレで大人気だった人形劇が共演した「パペトーーク」を放送。オープニング音楽といい、虹のマークといい、音引きが2本といい、他局の人気トーク番組を意識した作りに、星野源は「大丈夫、筋は通した」と笑顔で説明した。

 生放送で行われた大人気音楽トーク番組。その中でEテレで大人気だった人形劇「ハッチポッチステーション」と「クインテット」のパペットたちが集結した「パペトーーク」というコーナーが放送された。

 おげんさん(星野源)がこれらの番組の大ファンであることから実現したもので、「パペトーーク」というかけ声で開始。ピンクや青を意識したセットや、虹のマーク、パペットたちのひな壇、そしてオープニングの音楽までテレビ朝日系トーク番組「アメトーーク」と酷似していた。

 これにおげんさんちのねずみ(宮野真守)は「NHKで大丈夫?」と一瞬心配。おげんさんも「これね。ちゃんと2本(音引き)伸ばしてるからね。曲もまんまでビックリした」と苦笑いだ。

 だがすぐに「でもね、加地さんっていうプロデューサーにメールしたら『ありがとう』って返事来たから。大丈夫。筋は通した」と、さすがの人脈を駆使し、問題なしと説明だ。

 このやり取りにネットも笑いが。「パペトーークが思った以上にアメトーークで笑ってる」「加地さんに筋通してるの笑った」「おげんさんといっしょでパペトーークやったってことはアメトーークに星野源出るしかないでしょう」「カメラアングルまで本家のアメトーークに寄せてきてるやん」など話題となっていた。

関連リンク

  • 11/24 12:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます