歩くよりスノボが得意な生後11か月の女の子 可愛いウェア姿も多くの人の心を掴む(中国)

拡大画像を見る

キュートなスノーボード姿を披露したのは、中国北京市に住む生後11か月のワン・ユジちゃん(Wang Yuji)。母親のファン・シュエインさん(Fan Xueyin)によると、夫とはサイクリングやキャンプ、マラソンなど共通の趣味があり、ワンちゃんにもアクティブな生活を送ってほしいと願い、河北省張家口市のスキーリゾートとして有名な崇礼区に初めて連れてきたという。

1歳にも満たないワンちゃんが両親と共にスキーやスノーボードを楽しむのは難しいとも思えるが、ファンさんたちは娘も一緒に楽しめるようにと専用のスキーウェアやヘルメット、ゴーグルを用意してゲレンデへ向かった。

当時の様子を捉えた動画には、父親に抱きかかえられてスノーボードに足をセットしてもらうワンちゃんの姿が映る。そしてワンちゃんは小さなスノーボードに乗ると、上手くバランスを取って雪の上を滑り出したのだ。

スノーボードに乗るまでは抱きかかえられてなすがままのワンちゃんだったが、一度スノーボードに乗って走り出せば、自ら膝を軽く曲げて上手くバランスを取っている。

平らな場所では父親がスノーボードを紐で繋いで引っ張り、なだらかな斜面では誰の力も借りずに滑っていくワンちゃん。これが生まれつきの才能なのだろうか、ワンちゃんは事もなげに真顔で滑り続けていた。

この動画をファンさんがSNSに投稿すると、たった生後11か月でしっかりと滑っているワンちゃんの姿は瞬く間に拡散された。

しかし話題になったのはワンちゃんの月齢だけではなく、その可愛すぎる風貌にも注目が集まっている。小さなスキーウェアに少し大きすぎるヘルメットとゴーグルを着用した姿は、まるでミニチュアの人形がスノーボードを楽しんでいるようだ。そしてウェアの隙間から零れ落ちそうな、幼児特有のぷっくりとした頬が世界中の人を魅了している。

この動画には「今まで見た動画で一番可愛い」「なんて素晴らしい才能なんだ」「一見簡単そうに見えるけど、実はバランスを取るのって難しいんだよ」など多数のコメントが届いている。

また2022年2月には北京で冬季オリンピックが開催予定とあって、「これは将来の金メダリスト確定だね」「数年後にはオリンピック選手として参加しているよ」など将来を期待する声も相次いでいた。

ファンさんは「私たちも最近スノーボードを始めたばかりで、ワンを連れて新しいことに挑戦しようと思ったのです。また冬季オリンピックがもうすぐ中国で開催されるので、ワンにも冬のスポーツを楽しんでほしいと思いました」と明かす。

ファンさんの家では、両親が経験したことのあるスポーツを子どもに教えるという考えを持っている。ワンちゃんがもう少し大きくなってからゲレンデに行こうと思っていたファンさんたちだったが、ワンちゃん用に買ったスノーボードに家で乗せてみると、ワンちゃんは怖がらずに楽しんでいたこともあり、今回初めてのスノーボードに連れて来たそうだ。

なお2008年の北京オリンピックの時は大学2年生だったというファンさんは当時の興奮を思い出し、来年の冬季オリンピックを心待ちにしているそうだ。

画像は『China Daily 2021年11月19日付「11-month-old baby snowboarder sweeps internet in China」(Photo/Xinhua)』『Indiatimes.com 2021年11月20日付「Meet Wang Yuji, The 11-Month-Old Snowboarder Who Is Setting The Internet On Fire」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 11/24 12:33
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます