榮倉奈々、第2子出産後初の公の場 100億円ジュエリーに緊張「笑っちゃう」

【モデルプレス=2021/11/24】女優の榮倉奈々が24日、都内で行われたオープニングセレモニーに出席。第2子出産後初の公の場で、総額約100億円のジュエリーを着用した。

◆榮倉奈々、第2子出産後初公の場

今年2月に俳優・賀来賢人との間に授かった第2子出産後、変わらぬスレンダーな印象で、ロング丈のドレスを着こなしていた。この日、オープン前のジュエリー店舗を訪れた榮倉は「ここに来て何回、深い溜息をついたか。午前中から溜息をこんなについたのは初めて」といい、店内にある宝石に囲まれてうっとりとした表情を浮かべていた。

世界初披露となる157カラットのティアラのアンベールに立ち会った榮倉。センターに大きなハート型のダイヤモンドをあしらったティアラが現れると、思わず満面の笑みを浮かべ、「神秘的ですね、とても。透明感が……生まれたての赤ちゃんの目の青さ。嘘みたい」と深い溜息。「後ろにもダイヤモンドがいっぱい付いていて、こんなに贅沢なものを近くで見られるなんて光栄」と目を輝かせた。

◆榮倉奈々、“総額約100億円”ジュエリーに「緊張」

その後、ティアラを身につけると「緊張します…。もう一度、鏡見てみようかな」といい、自身の頭に乗ったティアラを再確認すると「えっすごくないですか?この先(身につけることは)もうないでしょうね。最初で最後」とコメント。ティアラのほか、ダイヤモンドリング・ダイヤモンドイヤリングでトータル218カラットの総額約100億円となり、「笑っちゃう。最初に身に着けたときは緊張してて覚えてない。心が固まっていました(笑)」とドキドキだった。

自身にとってジュエリーは「特別であることは間違いない」といい、「買うまでの経緯、買ってからの思い出が詰まっていく。私はジュエリー買うときはインスピレーション。『今欲しいかも』と思うと、理想のものに出会える」と語った。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/24 12:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます