鈴木おさむ、6歳息子に若き日の両親の晴れ姿を見せる 「不思議そうに見つめていました」

拡大画像を見る

鈴木おさむ・大島美幸夫妻は2009年、理想のカップルとして「パートナー・オブ・ザ・イヤー 」(“いい夫婦の日”をすすめる会主催)に選ばれている。一般応募で16,320件の得票が集まったが、「よく似たふたり」「おもしろ仲良し夫婦」「ほのぼの」などの推薦理由が多かったという。その後、笑福くんが誕生すると鈴木は約1年間の育休を取得。この育休は子どもとの絆が深まっただけでなく、妻と向き合える時間が増えたことが嬉しかったと話している。

その笑福くんも大きくなり、来年は小学生だ。大島が仕事のため5日間家を空けることになった時、玄関で見送った後に居間のソファーで涙を流しながら寂しさに耐えている後ろ姿が今年の6月30日の『鈴木おさむosamuchan_suzuki Instagram』に公開されている。母親の前で涙を堪えた笑福くんの小さな背中に、「息子よ、5日間頑張ろう!」と心の中で呼びかけた鈴木の言葉は胸に迫るものがあった。

そんな鈴木のインスタグラムに11月22日、両親の結婚披露宴の写真をじっと見つめている笑福くんの姿が投稿された。視線の先には、タキシードを着た鈴木と頭にティアラを飾った大島の姿がある。「自分が生まれる前の僕らの写真を不思議そうに見つめる息子でした」と、“いい夫婦の日”ということで懐かしい写真を公開したようだ。

フォロワーからは「うわー! お二人お若いですね。大島さんキレイ」「わ~、素敵な夫婦だわ。なんか感慨深い…」「えふくんの後ろ姿の頭まで、お二人に似てます~」「笑福君がお二人を見つめる姿がとてつもなく愛おしいです」と、特に大島のドレス姿が可愛い、美しいと絶賛されている。今度はこの写真を見た笑福くんの正直な感想を聞いてみたいものだ。

画像2、3枚目は『鈴木おさむ 放送作家 2021年11月22日付Instagram「今日は、いい夫婦の日でしたね!」、2021年6月30日付Instagram「今日から妻が5日間、仕事でいません。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連リンク

  • 11/24 11:53
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます