榮倉奈々 第2子出産後初の公の場は総額100億円ジュエリー身につけ登場

拡大画像を見る

 女優の榮倉奈々(33)が24日、都内にオープンした英ジュエリーブランド「グラフ 銀座本店」のセレモニーに、総額100億円の豪華ジュエリーを身につけて登場した。

 2月に夫で俳優・賀来賢人(32)との間の第2子を出産して以来、初めて公の場に姿を見せ、157・8カラットのハートシェイプダイヤなどが使用された世界初披露の「ザ インフィニティ ティアラ」を着用。発掘当時、今世紀14番目の大きさだった原石を基にしており、同ブランドの最高傑作とされる。

 ダイヤの印象を聞かれ「神秘的で、生まれたての赤ちゃんの目のような青さ。浄化もされるけど、ぐっと力が入る天然石のパワーを感じます」と笑顔だった。

関連リンク

  • 11/24 10:51
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます