メリットたくさん! 子どもの証明写真は「自宅撮影」が断然オススメな理由【おばバカ一代 第49話】

こんにちは! 甥&姪大好きおばバカ平八です!

今回は「子どもの証明写真」についてのお話です。


来年に幼稚園入園を控える3歳の姪。

入園の前には面接や選考が行われますが、それに先立って必要となるのが…。

姪の入園を希望している園も、やはり願書への写真添付が必要でした

幼稚園に提出する願書です。

幼稚園の願書は、お受験をするような園でなくとも、先生が子どもの顔と名前を覚えるため顔写真を貼ることが多いのだそう。姪の入園を希望している園も、やはり写真の添付が必要でした。

さて、この「子どもの顔写真」。
写真館に行って撮るほどではないけれど、証明写真機で撮るのは大変だし料金も高いという、ちょっと面倒な存在なんですよね。

しかもネットで調べたところ、幼稚園の顔写真で求められるのは子どもの「自然体の姿」だとか…。
写真館や証明写真機でいつもの顔なんて…絶対無理ッ!!

自宅撮影であれば子どもはリラックスモード。しかも何度でも撮り直し可能!

そんな理由から、わが家では子どもの証明写真をもっぱら自宅で撮影&印刷しています。

自宅撮影であれば子どもはリラックスモード。しかも何度でも撮り直し可能!

私は画像編集ソフトを使用して証明写真を作りますが、最近はスマホで撮った写真をコンビニで印刷できるサービスや、証明写真用にサイズを調整できるアプリもあるようです。便利な時代に感謝…!!

さて、自宅撮りと決まれば早速撮影に取りかかります!

わが家の場合は真っ白な壁面を利用して撮影しました

わが家の場合は真っ白な壁面を利用して撮影しましたが、そのような壁がない場合は模造紙やシーツなどを使って白背景を用意すると良いそうです。

顔に影がかかると暗い印象になるので、なるべく前側から光を当て、影のつき方に気をつけましょう

顔に影がかかると暗い印象になるので、なるべく前側から光を当て、影のつき方に気をつけて…。

顔写真の自宅撮影、成功です!

撮影成功です!


何回でも撮り直しできるのが自宅撮影のいいところ!

ですが、撮れば撮るほど子どもの集中力も切れてきます

何回でも撮り直しできる自宅撮影ですが、撮れば撮るほど子どもの集中力も切れてきます。
ドツボにハマり、結局使用するのは撮影開始直後に撮ったものになりがち…。

ちなみに姪っ子はある程度、大人の指示を聞いて写真撮影ができましたが、甥っ子が同じく幼稚園の願書用の写真を撮影をした時はまったくじっとしていられなかったので、テレビをつけて撮影しました。

甥っ子の時は、まったくじっとしていられなかったのでテレビをつけて撮影しました

こういう撮り方ができるのも自宅撮影の強みですね!


子どもと一緒に外出して写真撮影をするのは骨が折れます。
兄弟姉妹がいればなおさら面倒くさい!! 小さな赤ちゃんがいたらさらに億劫!!!!

そんな高いハードルを下げてくれる証明写真の自宅撮影。
コロナ禍で外での撮影に気がひける時にもオススメです!

※証明写真の提出先によっては自作の証明写真がNGのところもあるようです。提出先の規定をご確認の上で撮影ください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/24 9:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます