千鳥の大失態?「放送事故級の無礼」でムキ出しになった「武田鉄矢の残念すぎる知名度」

拡大画像を見る

 11月21日放送の『テレビ千鳥』(テレビ朝日系)では、ロケ中にターゲットの女性にバレずに変装していく「こっそり選手権」の第三弾「こっそり武田鉄矢選手権」が行われた。

 今回のターゲットは昨年「ミス青山コンテスト」準グランプリを受賞した新田さちか(22)。ニセ企画でボウリング、卓球、ビリヤードを楽しむ最中に、彼女に気づかれず、千鳥の大悟(41)、麒麟の川島明(42)、ピースの又吉直樹(41)、蛍原徹(53)がそれぞれ武田鉄矢(72)へと姿を変えていく、という内容だったが、衝撃的な結末が待っていた。

「大悟がボウリングの技術の話をするフリをして“弟はめっちゃ背が高くて何でもできる。背が高くてロン毛で”“(対して自分は)何もできなくて何回も……100回かな?”と、背が高くてイケメンな江口洋介(53)が弟役だった武田主演の『101回目のプロポーズ』(フジテレビ系)を想起させるコメントをしたり、川島が持ち味の低音ボイスを生かして武田に激似の声マネで“これは厳しいでござんすなぁ~”“何をやってるんだ俺はぁ~!”としたり、序盤は楽しいチキンレースでした」(女性誌記者)

 ビジュアル面でも、大悟がドラマの武田は「結構テッカテカ」「ほとんど汗だく」という理由で顔を汗だく通り越してヌルヌルにオイルを塗りたくったほか、『幸せの黄色いハンカチ』出演時のサングラスにテンガロンハット姿の武田、川島が『3年B組金八先生』(TBS系)の若いころの武田、又吉は現在の『ワイドナショー』(フジテレビ系)での武田、蛍原にいたっては。「赤いきつね」のCMに出ていた頃の“軍服で顔が黒ずんでいる武田”になりきったりと、後半はやりたい放題だった。

■まさかの「武田鉄矢」を覚えていなかった

「ネタばらし直前まで、4人の“コスプレ”について“衝撃で何も言葉が出ない”としていた新田ですが、本当の意味で現場に衝撃が走ったのは、ネタばらしの際の新田の発言だったんです。

 MC役を務めたノブ(41)が“これ誰ですか?”と、“武田鉄矢”という正解ワードを導くために、金八先生の格好をした川島を指した際に新田は『金八先生』と即答したんですが、“誰がやってますか?”というノブの誘導に、新田は信じられない発言をしたんです」(前出の女性誌記者)

 新田は「金八先生は、あの、待ってください。あの、分かります分かります。めっちゃ分かるんですけど……一文字、教えてください」と困り顔。しかも、ノブが一文字目「た」を教えてもピンとくる気配がゼロ。これに対してノブが、強制的に『終了―!』と叫んで企画を打ち切ったのだ。武田鉄矢、という正解を明かされたのちに「武田鉄矢さんだったら分かります!」と新田は答えていたものの、時すでに遅しだった。

「マニアックなコスプレだった蛍原と大悟や、又吉の“現在の武田鉄矢”がわからなかったのは仕方ないかもしれませんが、最後まで武田鉄矢、という名前が出てくることはなかった。そうしたシーンが流れたのは、武田に対して無礼でもあるし、まさに放送事故級の失態でしょう。大悟も思わず“世の中の20代がその感覚で観てたんならきついぞ!”と、ボヤいていました。

 かつては『贈る言葉』を筆頭にヒット曲を連発し、ドラマにも引っ張りだこで現在でいう“イケメン俳優”に近い立ち位置だった武田ですが、ここ数年は人気が急落。今回の新田の発言からも、若年層での知名度の低さがあらわになってしまいましたね」(前同)

 武田は『ワイドナショー』でコメンテーターを務めているが、発言が炎上することもしばしば。最近でもYouTubeで明石家さんま(66)について「この前、お目にかかったときも本当に若々しかった。AKBの1人や2人は妊娠させられる」と発言して大炎上してしまった徳光和夫(80)に対して、

「こんなことは言いますね、年取ると」とし「70超えますと、性から遠くなりますから、自分が。ですから性をちょっと茶化して発言したくなるんですよ。年を取ると」

 とフォローを入れたが、かえって火に油を注ぐ結果に終わってしまったことも記憶に新しい。

■昔から実は好感度が低かった

「17年には映画プロデューサー・ハーベイ・ワインスタイン氏が過去30年間に及びセクハラを受けたとして、女優から続々と告発されているというニュースを取り上げた際に“俺もよく(あくまでも肩ぐらいだけど)触る。人間って、好きとかだらしない所とか見せないと、仲良くならないよ“” 当時の金八先生でセット裏でやってたことも、パワハラになる“と、現在のパワハラ・セクハラの定義が厳しすぎると持論を展開したところ、やはり炎上してしまいましたね」(前出の女性誌記者)

 武田に関しては、以前から役の印象とは違う一面があることで知られていた。

「15年放送の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ) は“一緒に写真を撮ってください”と言った子どもに“私とあなたは全くの他人、なぜ一緒に写らないといけないのか”と告げ、“大阪人は信頼できない”と言い放って関西弁のスタッフに対して、態度が悪かったことが暴露されたりと、こういう話は枚挙に暇がありません。『金八先生』や『101回目のプロポーズ』の役とのギャップが、より悪いイメージに拍車をかけているんでしょうね」(前同)

 昨年6月27日に『文春オンライン』が発表した「嫌いな男優」2020アンケートでは28位にランクインしたこともある武田。

 思わぬところで、20代のリアルな印象が明らかになってしまったかも?

関連リンク

  • 11/24 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • 逆に若い人気者の名前を中年以上だと覚えてないもんなあ※、金八先生は出たし名前も聞いた事あるってだけで十分だよ※、有名人に好き嫌い両意見有るのも当たり前※、全く問題無し※

  • 同じ芸能界の大先輩を知らなかっただけですよね? 若いアイドル?の勉強不足なだけですよね?...  芸能界も広いから、仕方ないかもですけどね。

  • トリトン

    11/24 13:30

    武田の、糞ならまだまだくさすのたりないよあの人間の屑まだまだ優しい方だよ。あれほど大嫌いな奴この世にいないなあくまでも自分の感想、好きな人好きでいてね。

記事の無断転載を禁じます