チュートリアル徳井義実に「危機」再び!日テレ『今夜くらべてみました』に“打ち切り話”…過去に出演者も“暴露”した「消えないヤラセ疑惑」!!

拡大画像を見る

 今年1月、10年連続で年間個人視聴率3冠王という前例のない記録を成し遂げ、民放トップの地位を確固たるものにしてきた日本テレビが今、他局の猛追を受けているという。

 今年度上期の最終週にあたる9月第5週の世帯視聴率でテレビ朝日が3冠を獲得。さらに、9月の月間の個人視聴率でもテレビ朝日がプライム帯で1位となった。

「テレビ朝日は『相棒』や『科捜研の女』をはじめ、シニア層がよく見ているドラマ、バラエティ番組が多く、世帯視聴率では日テレを脅かしてきました。しかし、個人視聴率、そして13歳から49歳までの各局が最重要視するコア視聴率でも、今、日テレ以外の局が伸びを見せているんです」(制作会社関係者)

 10月11日の『デイリー新潮』では、視聴者の“日テレ離れ”が進んでいると報じている。その原因の1つが長寿バラエティのマンネリ化だという。

 たしかに、日本テレビには『世界の果てまでイッテQ!』、『行列のできる法律相談所』、『踊る!さんま御殿!!』、『ザ!世界仰天ニュース』、『世界まる見え!テレビ特捜部』など、10年以上続くバラエティ番組が少なくない。

「それだけ安定的に視聴率を取ってきたとも言えますが、人気が永遠に続くわけではありません。10年以上続いた『幸せ!ボンビーガール』や『火曜サプライズ』も今年終了していますからね。

 他にも“これ以上は厳しいのでは”と言われている番組が結構あって、『今夜くらべてみました』もその中の1つです」(前同)

■上がり目ナシ…日テレが『今くら』の“幕引き”を図っている!?

 2017年7月にフットボールアワーの後藤輝基(47)、チュートリアルの徳井義実(46)、SHELLY(37)をMCに迎えて深夜番組としてスタートした『今くら』は、ある共通点を持つ3組のゲストを招き、MCとのトークやVTRを交えつつ、あらゆる角度から徹底比較する番組だ。

 2017年4月より毎週水曜21時台のプライム帯に昇格し、その間、SHELLYが産休に入り、指原莉乃(29)が代打MCとして出演。SHELLY復帰後も指原は降板することなく、現在まで4人MC体制で続いている。

「『今くら』が放送されている水曜21時台は『相棒』(テレビ朝日系)や『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などの人気番組が並ぶ“激戦区”でもあります。

 そんな中にあって、10月20日の『今くら』の世帯視聴率は8.3%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、コア視聴率は5.0%。11月10日は世帯6.9%、コア4.3%と、特にコアは堅調と言えるものです。

 ただ、日テレは視聴率だけを見ているわけではなく、上がり目があるのか、続ける意味があるのかも含めて番組の継続を判断する傾向にあります。そういった意味でも『今くら』は非常に危うい。ここ最近は他番組の特番で放送回数が極端に減り、局が“幕引き”に入っていることが感じられます」(前出の制作会社関係者)

 9月29日、10月13日、10月27日は特番で『今くら』の放送がなく、10月6日の放送も『1周回って知らない話』との合同での3時間SPだった。

「番組に対しては“司会が多く、ゲストが置いてけぼりの状態が多い”や“そもそも比べていない”という声も上がっています。また、“ヤラセ疑惑”もたびたび浮上していますよね……」(前同)

■佐竹桃華の「想像を超える大食い」に“疑いの声”

 3月31日の放送では、2020年12月に行なわれたオーディション「ホリプロスカウトキャラバン」で特別賞「17LIVE賞」を受賞した新人女優の佐竹桃華(18)に密着。

 特技は「大食い」だという佐竹が、住んでいる事務所の寮に20個もの菓子パンを持ち込み、ひたすら食べる姿が放送された。彼女が食べたパンの総カロリーは5229kcalということもあり、視聴者からは「心配になるレベル」「新人だからスタッフや関係者にやらされたのでは?」といった声も上がった。

「番組では“ヤラセではない”と強調していましたが、たしかに視聴者が、“本当?”と疑うものでしたよね。ただ、佐竹さんは5月に『ザ!世界仰天ニュース』に出演した際、焼肉10人前、串揚げなら67本完食でき、番組のロケでは30分で中華料理約1.5kgを平らげた経験もあると明かしていますから、パン20個も決してヤラセではなさそうです。

 しかし、過去には『今くら』に出演したゲストが番組の過剰演出を暴露したこともありましたね」(前出の制作会社関係者)

■おののかが『今くら』の裏側を暴露の衝撃

 2014年12月放送の『今くら』に出演したおのののか(29)は、ハンディカメラ片手に物が散乱する自宅の“汚部屋”を公開。

 かなりの散らかりようにスタジオが騒然とする中、アンジャッシュの渡部建(49)は「人工的な散らかり方。ちょっと怪しい」「汚し方がワザとらしい」「よく見ると、散らかってるようで、散らかってない」と指摘。これにおのは「違う違う違う! これで掃除したんです、逆に!」「本当に! してない! こうなってたんですよ、本当に」と全力で否定する場面があった。

 この放送を見ていた千原ジュニア(47)は、同月放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で共演するおのに対し、「人工的な散らかり方っていうのをツッコんでほしいっていうのが見え見え」「自分、なんか必死やなあ」「根性が汚い」とイジった。

 ジュニアの執拗な追及に、おのは撮影の裏側について暴露。自宅公開VTRはタレントがスタッフ抜きで撮影しているという体裁で放送されているものの、おのの自宅には番組スタッフが同行。撮影前におのが掃除したところ、スタッフから「これちょっと綺麗すぎるんじゃないかなぁ?」と指摘され、「元に戻そう」という流れになったと白状したのだ。

「テレビ的な演出とも言えますが、バラエティ番組にさえも厳しい目が飛ぶ現在なら、ヤラセと言われてしまうのかもしれませんね。またそれが、当事者から明かされるというのはまずかったですよね。

 ゲストが暴露した過剰演出に加え、番組自体のマンネリ化、当初の番組趣旨からズレてきているという指摘もある。

 日テレ上層部が“これ以上上がり目がない”、“続けても意味がない”と判断してもおかしくない状況が続いているんです。悪質な税金の申告漏れと所得隠しで多くの仕事を失ったチュートリアルの徳井さんにとって『今くら』は、『しゃべくり007』(日本テレビ系)と並んで超貴重なレギュラー番組です。

 せっかく番組に戻ってくることができたにもかかわらず、終了となれば再び苦しい日々に戻ってしまうのでは、とも言われていますね……」(前出の制作会社関係者)

 徳井にとって重要なレギュラー番組『今くら』は、来年春の改編期を乗り切れるのだろうか――。

関連リンク

  • 11/24 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 自分が出演した番組の裏を暴露するタレントが苦手。そんな事を暴露しなくても、視聴者の「想定の範囲内」な場合が多いし。

  • Ryota

    11/26 9:58

    とりあえず、「徳井」は関係ないやん

記事の無断転載を禁じます