「婚姻届に判を捺しただけですが」6話、清野菜名“明葉”と坂口健太郎“柊”のネクタイ引き寄せキスに注目集まる

拡大画像を見る

清野菜名主演「婚姻届に判を捺しただけですが」の6話が11月23日オンエア。明葉に対し積極的でさらに柊を煽る唯斗に多くの反応が寄せられるなか、ラストの明葉と柊のキスシーンに注目が集まる。

本作は偽装結婚をテーマにした“不意キュン”必至のラブコメディ。いきなり700万円もの借金を背負うことになり、百瀬と偽装結婚したが、彼のことが好きになってしまう大加戸明葉を清野さんが演じる。

清野さんのほか、兄と結婚した同級生を想い続けるために“既婚者”になろうと、明葉に偽装結婚を申し込んだ百瀬柊に坂口健太郎。柊が想い続ける中学の同級生で今は義姉となった百瀬美晴に倉科カナ。美晴と結婚しともにモモズ弁当を経営している百瀬旭に前野朋哉。明葉と親しくなっていく動物病院の看護師・牧原唯斗に高杉真宙。

明葉と柊の偽装結婚を知っている麻宮祥子に深川麻衣。妻から離婚を迫られている明葉の勤務先「森田デザイン」の社長・森田聡に田辺誠一といったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

6話では明葉の母・葉子(杉本彩)と父・丈治(ルー大柴)が突然家にやってくる。しかも葉子は自分の絵が売れたと500万円を「ご祝儀」として明葉に渡してくる。500万円あれば借金が返せるが、返してしまうと偽装結婚も終わり…悩む明葉。一方、明葉の同僚のひかり(小林涼子)が、推しの2.5次元俳優に結婚報道が出てショックを受けてしまい、明葉は深雪から合コンのセッティングを頼まれてしまう。

そんななかネコのおもちの薬をもらいに唯斗のもとに行った明葉は、いきなり唯斗からキスされそうに! 丸園ふみ(西尾まり)の本の装丁の件で悩んでいた彼女を励まそうとしたと語る唯斗は、「アッキーのこと、好きになってもいい?」と問いかける…という展開に。

「攻めるねぇ唯斗くん」「唯斗さんすげえええ勢いが……」などの声が上がるなか、積極的な唯斗はその後開催された合コンでも、柊を前に明葉とハグしたことを公言。さらにおもちを連れ来院した柊に、落ち込んでたから励ましてあげようと思ってキスしたと告げる…。

もちろんこれはウソなのだが、柊を挑発する唯斗の言動に「めちゃくちゃふっかける高杉真宙~~~!(いいぞもっとやれ)」「唯斗くんマジでエグい」などの反応が。

そんな唯斗の言動に潜在的な嫉妬心を触発されたのか、後半では柊が明葉に“励ましの”キス。突然のことに明葉は柊の頬を叩いてしまうのだが、ラストで今度は明葉が、柊のネクタイをつかんで引き寄せキスするという展開に。

2度にわたる明葉と柊のキスシーンに「ほんとに6話やばい、キスシーン2回あるなんて聞いてないしっ、!」といった声とともに、ラストのキスシーンには「清野菜名が坂口健太郎のネクタイクイからのキス!キマシタ」「ネクタイぐいーっと引っ張ってキスしたい」「壁ドンや顎クイみたいにネクタイ引っ張ってキスするやつ略して名前つけてだれか」などの反応も投稿されている。



(笠緒)

関連リンク

  • 11/24 7:20
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます