日テレ・加藤浩次『スッキリ』2022年9月に「打ち切り」!?後任に藤井貴彦アナ新番組が「超濃厚」な8つの理由

拡大画像を見る

「やはり、『スッキリ』(日本テレビ系)の存続が危ういようです。終了の時期は来春ではなく、2022年10月の改編で、と見られていますよ」

 そう話すのは制作会社関係者。

『スッキリ』といえば、極楽とんぼの加藤浩次(52)をMCに迎えて2006年4月にスタートした今年16年目に突入した日本テレビの朝の人気情報番組だ。一方で、これまでもさまざまな問題が指摘され、そのたびに“打ち切り説”が浮かんでは消えてきた番組でもある。

「まず、かつての勢いが完全になくなっています。以前は世帯視聴率7%後半から8%ほどでしたが、ここ最近は5%後半から6%という数字に。テレビ各局が重視している13~49歳のコア視聴率は2%後半から3%前半と、横並びではたしかに1番いいですが、全体的に数字が落ちてきているんです。

 それに、日テレは視聴率が多少堅調でも上がり目がない、これ以上やる意味がないと判断した番組は終わらせる傾向にあります。『スッキリ』は今年で16年目。ここにきての勢いの低下もあり、“これ以上やる意味がない”と判断されてもおかしくない時期です。そして、いまだにアイヌ民族に対する不適切な表現が問題視されていますよね」(前同)

 3月12日の『スッキリ』内でアイヌ民族を傷つける不適切な表現があり、直後から多くの批判が殺到。同月18日付の『週刊女性PRIME』によると、この問題を受けてオンエアに立ち会っていた担当プロデューサーが事実上の更迭になったという。

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は7月21日、同番組が「明らかな差別表現を含んだもの」として放送倫理違反があったとする意見書を公表した。

 BPOはこの問題について「隙だらけのチェック体制」「制作番組に対するこだわりの薄さ」「差別に関する知識の乏しさと放送人としての感度の低さ」「差別の意図はなかったとしても許されない表現」と厳しく指摘。

 5月26日、日本テレビでは社員のみならず制作会社なども含め、同局で働く全関係者に向けて、オンラインでアイヌに関する研修が行なわれたという。研修は北海道大学の講師による講義で、アイヌの歴史や文化などを学ぶ内容だったようだ。

■エージェント契約を切られてフリーに

 前出の制作会社関係者が続ける。

「これは業界の定説ですが、BPO案件となった番組は半年、または1年で終了してしまうことが往々にしてあります。特にあの一件はプロデューサーに処分が下り、局全体で勉強会を行なったほどの大問題ですからね。ただ、“局として厳正な対処を行うため『スッキリ』を終了させます”、となると現場に責任を取らせた“トカゲの尻尾切り”のようにも見えてしまう。

 当然、日テレとしても同問題には真剣に取り組んでいるんでしょうが、すぐに『スッキリ』を終わらせると見え方としてはよろしくない。日テレサイドとしては“『スッキリ』には別の問題があって終わるんです”としたい。そこで、問題の放送があった1年後となる2022年3月末ではなく、そこからさらに半年後の2022年9月末に終わらせるのでは、とささやかれているんです」

 そんな『スッキリ』がスタートしたことで、最も評価を上げたのがMCの加藤であることは間違いないだろう。

「ニュースを扱う8時台には、キャスターとしての一面を出し、エンタメ情報が中心の9時台以降は芸人らしいとぼけた振る舞いもできたりと、非常に番組回しが上手いですよね。ただ、スタッフに対して当たりが強いこともあるようで、かなり厳しいことを言うことも。時にはスタッフが加藤さんにビビッてしまう場面もあるといいます」(前同)

 2017年11月放送の『スッキリ』では、雑誌社が主催するイベントを取り上げた。同イベントには「新しい地図」の稲垣吾郎(47)、草なぎ剛(47)、香取慎吾(44)が出演していたため、日本テレビ編成部はイベント自体を取り上げることを嫌がっていたという。

 しかし、それを知った加藤が「うちは忖度する番組ではない」と主張し、番組でイベントを取り上げた。ところが生放送では、3人が映っている場面をカットしてオンエアしたのだ。

 これに激怒したのがナレーションの「天の声」として出演する南海キャンディーズの山里亮太(44)で、VTRに映っていない新しい地図の3人について「香取くんと草なぎくんと、吾郎ちゃんも選ばれてるのよね」とコメント。これに加藤が「なんで(VTRに)いないの? なんだよ、それ」と漏らした。

「加藤さんと山里さんの言動には“男気ある”と賛辞の声が上がりました。ただ、そんな加藤さんに対して、スタッフが恐れおののいてしまうこともあるそうなんです。11月22日の放送も物議を醸していますよね」(同)

 同日の同番組「クイズッス」のコーナーには千鳥がVTR出演したのだが、大悟が同局のバラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』で、『スッキリ』でMCを務める岩田絵里奈アナ(26)と共演した際、食事に行く約束をしていたのにそれが実現していないといい、実現し、もしデートが報じられても、「大丈夫やろ。岩田ちゃんが『スッキリ』で言えるし」と語ったのだ。

 これに対し加藤は「大悟と岩田、路チューしろ」と言い放ち、岩田アナが「加藤さん、なんだと思ってるんですか!?」と言い返したが、加藤はさらに、「すげぇ撮られてほしいわ、大悟との路チュー。ほっぺでいいからやってくんねぇかな」と語ったのだ。

「この放送に対しては、“セクハラ”といった声が上がっていると記事にもなっていましたよね。そんな加藤さんですが、当然、この3月に彼が吉本との専属エージェント契約を終了してフリーになったことも大きいですよね。

 吉本退社後も吉本芸人との絡みは多いですが、実は、極楽とんぼとしてもより危うい立場になりつつあるという話も聞こえてきています。そしてやはり、そのエージェント契約を結ぶきっかけとなった“加藤の乱”も問題視されています」(同)

■加藤浩次の『スッキリ』ギャラは年間2億円……

 2019年に芸人の闇営業問題が大きく報じられた際、加藤は『スッキリ』の生放送で「今の社長、会長体制が続くなら会社を辞める」と啖呵を切ったのだ。

「当時は男気あふれる対応に称賛の声も上がりましたが、言ってみれば所属する事務所への反抗ですから、かなり個人的な問題とも言える。台本にもない個人的なことを公共の電波を使って主張するのはいかがなものか、電波ジャックではないかと言う人も多くいました。

 また、加藤さんのギャラもネックになっていると言われています。視聴率三冠王の常連で、民放で最も強い局と言われる日テレであっても、経費削減の波に抗うことはできませんからね」(前出の制作会社関係者)

 加藤の『スッキリ』のギャラは1本70~80万円だとも報じられている。80万円だとすれば、年間では約1億92000万円ということになる。

「約2億円ですから、バカにならない金額です。テレビ各局はどこもそうですが、番組には外部の人間ではなく“極力、自局のアナウンサーを使おう”という流れになりつつあります。特に帯番組はタレントへのギャラがかさみますからね。

 天下の日テレといえども余裕はありません。帯番組は制作費の問題や放送事故への対応なども考えると、もう外部に渡さないのではとも言われている。そういったことを踏まえると、加藤さんの後任としてごく自然な流れで浮上してくるのが藤井貴彦アナウンサー(49)なんです」(制作会社ディレクター)

■桝太一アナがエース昇格で藤井貴彦アナが『スッキリ』後番組MCに!?

 藤井アナは平日夕方の『news every.』(日本テレビ系)でMCを担当しており、2020年春、新型コロナウイルスが流行し始めた頃には「命よりも大切な食事会、パーティはございません」といった独自のメッセージを発信し、大きな話題を呼んだ。

「アイヌ民族への不適切な表現があった際にも、最初に藤井アナが『news every.』で謝罪しましたが、日テレ上層部としても“局の顔は藤井アナ”だという認識だということがうかがえます。

 そして今、加藤さんの『スッキリ』の後番組として藤井アナがMCを務める新番組が始まるのではないか、と関係者の間で話が出ているんです」(前出の制作会社ディレクター)

 7月17日放送の『スッキリ』には、夏休み中の加藤に代わって藤井アナが出演。ツイッターでは「藤井アナ」や「藤井さん」といったワードがトレンド入りするほど盛り上がりを見せた。また、視聴者も「朝の藤井アナは癒し」「藤井アナの安心感」「藤井アナこの時間で既に仕上がってますね! 流石ベテラン!」と大歓迎だった。

「『スッキリ』のMCの席に藤井アナが座っていたら、アイヌの一件のような問題は起こらなかったのではないでしょうか。藤井アナはとにかくバランス感覚に優れていて、アドリブ対応も抜群ですからね。また、日テレ上層部としては桝太一アナ(40)を新たなエースにしたいという思惑もある。

 桝アナはこの春に『ZIP!』を卒業して『真相報道 バンキシャ!』に異動しましたが、いずれは藤井アナの後任として日テレの夕方の看板ニュース番組『news every.』の担当をしてもらいたい、というのが局側の意向。ただ、そうなると“藤井アナはどうなるのか”という話にもなる。まだまだ現役バリバリでお茶の間人気も高いですからね」(前同)

 そこで、『スッキリ』の枠で新番組をやってもらおう、という話が持ち上がってきているようだ。

「硬派な情報番組となれば、藤井アナにはうってつけ。加えて局員ですから、ギャラの心配は必要ありません。藤井アナなら放送事故もMCのところで防げるでしょうし、ただ原稿を読むだけではなく、自分の言葉で視聴者に呼びかける言葉の力、頼もしさもある。

『スッキリ』は加藤さんの番組ですから、彼が辞めるとなったら番組も終了するのは間違いない。そして2022年10月からは藤井アナがMCの新番組が始まるというのは、かなり濃厚なのではないかと言われています」(同)

 推定4億円とも言われる“スッキリ御殿”を建てた加藤の“一丁目一番地”は終了してしまうのだろうか。そして、その後、藤井アナの新番組VS『モーニングショー」の羽鳥慎一(50)という、「日テレ同期入社」2人のMC対決は実現するだろうか!?

関連リンク

  • 11/24 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • この記事書いてるヤツは加藤浩次嫌いなのw 何も悪くないし、ギャラだってこのクラスの芸能人で生放送やってるなら普通か安いだろ、 そこを局アナに交代ならサラリーマンだからギャラ発生しないから安上がりかもね。 で、加藤浩次とかがいるから面白い番組だと思ってたけど、新番組になったとして それ以上に面白くなるんかな⁉️ とてもだけど視聴率を取れるとは思えないなwww

記事の無断転載を禁じます