1年半行方不明だったハムスターが突然帰宅「お別れを言いに来たのかも」(スコットランド)

拡大画像を見る

スコットランドのサウス・ラナークシャーにあるラークホールに暮らすエルスペス・ゴールドさん(Elspeth Gold、43)は昨年6月、ペットのハムスター“パブロ(Pablo、2)”の姿が見当たらないことに気付いた。

パブロはエルスペスさんの娘が12歳の誕生日プレゼントとしてもらったもので、1年近くエルスペスさんの家で可愛がられていた。

そんなパブロが突然姿を見せなくなってしまい、エルスペスさんはSNSに投稿して情報提供を呼びかけたりと数か月も探し続けた。しかし見つけることができず、一緒に飼っていた愛犬“ルーシー(Lucy、9)”が誤って食べてしまったのだと結論付け、泣く泣くパブロを諦めた。

悲しみに暮れた一家は新しいハムスターを飼う気にはなれなかったようで、ケージなどパブロに関する道具を全て処分した。

そしてパブロが行方不明になってからちょうど1年半が経った今月1日の夜10時頃、キッチンにいたエルスペスさんの娘が床を走る小さな生き物を目撃したという。そこには何事もなかったかのように元気に走り回るパブロの姿があったのだ。

エルスペスさんは「ハムスターがこれほど長い間行方不明になったあと、生きている状態で発見されたのは聞いたことがありませんよ」と驚きながらも、パブロとの再会を喜んだ。

パブロの突然の帰宅をエルスペスさんがFacebookアカウントで報告すると、「こんなことって起きるの?」「今までどこにいたの!?」「小さなレジェンドだ!」「中身はエイリアンなんじゃない?」など驚きやジョークを飛ばす声が寄せられた。

なかには「冤罪だった犬が可哀そうだね」「ちゃんとルーシーに謝ってあげてね」など笑いの絵文字とともに無実の罪で責められたルーシーへコメントを残す人もいた。

パブロはこの1年半でたくさんの経験をしてきたようで、発見時には毛並みが荒れてワイルドな風貌を醸し出していた。しかし元気に動き回るパブロの姿をエルスペスさんは投稿しており、パブロもエルスペスさんたちとの再会を喜んでいるようだった。

エルスペスさんはパブロのためにケージを用意し、再び新しい生活を始めた。しかしパブロはすぐに体調を崩し、帰宅してから9日後に息を引き取ってしまった。

「とても信じられない」とパブロとの二度目の別れに肩を落とすエルスペスさんだったが、この事実にコメント欄には「パブロは最後のお別れを言いに帰ってきたのかもしれないね」という励ましの声も届いていた。

画像は『Tyla 2021年11月22日付「Missing Hamster Turns Up After 17 Months Looking ‘Rough’」(Credit: Deadline)』『The Daily Star 2021年11月22日付「Family stunned as hamster ‘eaten by their dog’ makes dramatic return 17 months later」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 11/24 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 観音寺六角

    11/24 22:37

    うちの猫もそんな感じ。飼うのは止めた😭

記事の無断転載を禁じます