明石家さんまアニメ「肉子ちゃん」来春アメリカ公開決定!

拡大画像を見る

 お笑いタレントの明石家さんま(66)が企画・プロデュースしたアニメーション映画「漁港の肉子ちゃん」が、「FORTUNE FAVORS LADY NIKUKO(漁港の肉子ちゃん)」として、来年春ごろにアメリカで劇場公開がされることが23日、決定した。大人向け・ファミリー向けのアニメーション作品を制作・配給する米会社「GKIDS」が北米での配給権を獲得した。

 本作は直木賞作家・西加奈子の漁港の船に住む訳あり母娘・肉子ちゃんとキクコが紡ぐ感動のハートフルコメディー。監督を「海獣の子供」の渡辺歩氏、アニメーション制作をSTUDIO4℃が務め、各国の映画祭で受賞するなど世界的人気作になっている。

 今回の契約は、GKIDSがSTUDIO4℃の過去の作品である「海獣の子供」、「MFKZ(ムタフカズ)」、「マインド・ゲーム」、「ジーニアス・パーティ」、「ジーニアス・パーティ・ビヨンド」の配給に続く、両社のコラボレーション。

 渡辺歩監督は「素晴らしいニュース!本作がアメリカの皆さんにご覧いただけることにとても興奮しています」と大喜び。GKIDSの社長のデビッド・ジェステッド氏も「明石家さんまクリエーティブ・プロデューサーと渡辺歩監督とご一緒できることに大変興奮しております。来年ここで観客にインパクトを与えることは間違いありません」と大ヒットを確信していた。

関連リンク

  • 11/24 0:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます