この漢字見たことすらない…【鰥夫】これ読めたら天才

漢字の中に初めてみる漢字はありませんか。
今回のお題である「鰥夫」もそのひとつですが、あなたはご存じでしょうか?

これが読めたら、あなたは漢字の天才です。

(1)「鰥夫」の読み方


どんな夫と読むのでしょうか。
「鰥」という漢字の読み方が、一番苦戦してしまいますね。

この漢字は「やもお」と読みます。
トップクラスの難読漢字ではないでしょうか。

そもそも、「鰥」という漢字を見たことがなければ読むことすらムリがありますね。
(『広辞苑』より)

(2)「鰥夫」とはどのような人?


鰥夫とは、妻のいない男の人、または妻を亡くした男の人をいいます。
婚姻歴がなくてもあっても、妻のいない人のことが鰥夫なのです。

別の言い方がよく知られていますが、それは主に女性に使われる言葉。
このようなことから、鰥夫が男性に使う適切な言葉となります。

ちなみに、やもおは男やもめともいい、独身女性の「やもめ」と区別するため“男”とついたようです。
(『広辞苑』より)

(3)「鰥夫」の由来


妻のいない男性である「やもお(鰥夫)」ですが、どのような由来があるのでしょうか。
やもおがあるように、女性バージョンの「やもめ」もあります。

“やも”の部分は、家を独りで守る「家守」からきていると考えられているようです。
「お」と「め」は、男女を区別する言葉に。

このことから、「やもお」や「やもめ」が生まれたといわれています。
(『広辞苑』より)

(4)「鰥夫」のように独り身をあらわす言葉


独り身の男性を「鰥夫」というように、ほかにも独り身をさす言葉があります。
男性は「鰥」や「寡男」が該当しますが、女性は多いです。

「やもめ」や「寡婦」、「未亡人」「後家」といった言葉が該当し、それぞれ独り身の女性をさします。

「やもめ」は夫のいない女性、夫を亡くした女性。
「寡婦」は夫と死別、もしくは離婚して再婚していない女性。

「後家」とは夫と死別して、その家を守っている寡婦。
「未亡人」とは、夫と死別した女性のことです。

すべて似ているものの、少しずつ違いがありますね。
(『広辞苑』より)


独身、もしくは妻と死別した男性をさす「鰥夫」。
女性に対しての言葉はあるものの、男性に対しての言葉はあまり知られていません。

そのため、雑学としてぜひ友人などに教えてあげてくださいね。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/23 21:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます