インテル戦で負傷交代…ナポリFWオシムヘンが手術へ、復帰時期は未定

拡大画像を見る

 ナポリのナイジェリア代表FWヴィクター・オシムヘンが骨折により手術に踏み切るようだ。

 ナポリは21日、セリエA第13節でインテルと対戦。首位を走るナポリは昨シーズンスクデットを獲得した王者のホームに乗り込んだが、2-3で敗れた。

 この試合で先発出場したオシムヘンは55分に相手選手と衝突し、顔を腫らして交代によりピッチを後にしており、試合後、左眼窩や頬骨など複数箇所で骨折が見られたとクラブは伝えていた。

 状態が心配されていたが、ナポリはクラブ公式サイトでオシムヘンが手術を行うことになったと報告。「オシムヘンは、ナポリに戻り、引き続き経過観察を行い、明日(23日)、ジャンパオロ・タルタロにより手術を行います。なお、クラブのメディカル部門の責任者であるラファエレ・カノニコ医師がサポートを行います」と発表した。

 イタリアメディア『スカイスポーツ』によると、ナポリは今年8試合を残しているが、最悪の場合復帰は来年まで持ち越しとなる可能性がある模様。1月から2月はじめまでアフリカネイションズカップが開催されることもあり、クラブ復帰が2022年2月になる可能性があると伝えている。

関連リンク

  • 11/23 20:43
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます